スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぎゃざガールのフィギュア

絶版のガレキを探して秋葉のガレキショップをよく巡回するんですが、リバティーがラジ館にも出来て、リバティーだけで中古ガレキの扱い店が3つになってしまった…。一箇所にまとめてくれんかな~。
riber_tirasi_10101.jpg

いつの頃からかこんな買取表が出来てまして、アマチュアディーラーのキットも有名どころは結構細かく値付けされてます。まぁ~私は少し趣味が主流と離れてるし、売ったりとかもしないんですが、見てると結構面白いです。そんなに回転する商材でも無いだろうに、結構強気な買取値に見えます。

今日はこんなものを見つけたので、2,600円(定価9,000円)で保護してきました。箱表面のビニールがなくなっていただけで、中は新品でした。リバティーめ、このキットの価値がわからんとは…。
kotori_box_1010.jpg

発売は2002年ですが、このぎゃざガールシリーズはディテールの細かさやエッジの立ち方、抜きの品質など今見ても見劣りしないクオリティだと思います。
発売はHobbyJapanですが、原型師さんの名前や説明書のフォーマットから、コトブキヤ製である事がわかります。
田中久仁彦氏の原画の、数少ない立体化商品でもあります。ノスイニ絵、好きなんです。

ぎゃざガールはもともとHobbyJapanの雑誌「ぎゃざ」が中心になって、色々展開があるはずだったのですが、不人気だったのか中途半端に企画が消滅し、今は雑誌も公式サイトも消滅してしまってます。ぎゃざガールも全員は立体化されなかったようです。残念。

製作に当たっては、キットには完成写真も付いておらず、公式サイトも消滅してるのでキャラの資料が全く無いのがちょっと痛いかも。

コメントの投稿

非公開コメント

ことりちゃんですか。

自分も別の店で買おうかどうしようか散々悩んだ代物です。

ちょっと写真小さいですが、http://takasetouya.blog57.fc2.com/blog-entry-256.html
どうぞ。
なんでしたらもうちょっと大きい写真をご用意できるかも知れません。

PS、3×3×3さんのよつばとふーかも狙っていたのに買えなかった代物だったので完成品を拝めて嬉しかったです。
こーほくさんもこのディーラーさんをチェックしていたとはオドロキでした。

ありがとうございます

>とうやさん
画像、ありがとうございます。正面の写真は見つかったのですが、
横や後ろがわからなくて難儀してたのです。
ALL THAT FIGURE 2002もAmazonのUSEDで注文しました。
他にも遠子とかいくつかキットがあるので、載ってればラッキー。
教えてくださってありがとうございます。

お役に立てたなら良かった。

>遠子さん

こっちは2003の方に載っていました・・・。

ありがとうございます

早速2003も購入しました。今度はAmazonに無かったのでヤフオクで。
そういえばキットも何回かに分けて出てましたからね。

色々ありがとうございます。
お礼に、今度は肉を差し入れいたします。
モスか吉野家のヤツを!(謎)
twitter
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

こーほく

Author:こーほく
イベントディーラー名は「なかはらワークショップ」です。
リンクフリーです。

月別アーカイブ
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。