スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紙コップを使ったパーツ複製

前回から引き続き、パーツの複製をやっておりました。
sagyoba_1003.jpg

やり方はとあるひのコタツガさんの「シリコンで複製をしよう」「レジンを流そう」で解説されている、紙コップを使用した方法でやっております。こちらの方法により、私のような未経験者でも比較的容易にパーツの複製を行う事ができました。コタツガさんに感謝です。
今回複製するのは頭と胴体の2パーツです。それぞれ別々に型を取り、複製します。使用するシリコンはVOLKS造形村新スーパーEXシリコン、レジンキャストはVOLKS造形村EX-CAST(ホワイトタイプ)です。

頭パーツの複製手順
首に3mm角棒を差します。
atama_orig_bar_1002.jpg

紙コップにこのように固定しました。固定には割り箸と洗濯バサミを使用しています。(本来は固定する前に、パーツ表面にシリコンを塗りたくります)
atama_cup_kotei_1002.jpg

別の紙コップに、硬化剤を混ぜた攪拌済みのシリコンを用意します。
siricon_cup_1002.jpg

パーツ表面に綿棒でシリコンを塗りたくった後、カップにシリコンを流します。この後6時間放置。
siricon_chunyu_1002.jpg

シリコンが固まったら、ハサミ等でカップを切りさいてシリコン型を取り出します。
cup_hagasi_1002.jpg

アートナイフでシリコン型を2つに切り、パーツを取り出します。適当に切り込みを入れたので、BJよろしく顔面に切断面が来てしまいました(ぉ。が、気にしません。
そして、左のシリコン型にレジン注入用の溝をアートナイフで掘りました。型の下からレジンを満たしていくアンダーゲートになります。上側の3mm角棒でできた穴が空気穴になります。
atama_kata_1002.jpg

離型剤をスプレー等で型に吹いた後、シリコン型をきっちり合わせて、テープで固定しました。
atama_kata_awase_1002.jpg

新しい紙コップを用意して、型をコップに入れます。このとき型の高さにあわせてコップの上側を少し切りとっておくと、コップに入れやすかったです。
atama_kata_cup_modosi_1002.jpg

A+B剤を混ぜたレジンを型に流し、固まったら取り出して、出来上がり。(レジンを流す部分の写真がうまく取れませんでした。↓は頭についていたゲート部分は切り取ってあります)
atama_fukusei_kansei_1002.jpg

顔の前面にパーティングラインが来てしまってますが、モールド自体にズレはないのでこれでOKとします。反対側の髪の毛上のパーティングラインも目立たないように複製できました。(「失敗」の方にズレてしまった例があります。)
atama_kansei_01_1002.jpgatama_kansei_02_1002.jpg

胴体パーツ
dotai_orig_bar_1002.jpgdotai_fukusi_OK_1002.jpg

手順は頭パーツと同じですが、私は首側を下にして型を取ったため、面倒なことになりました。詳しくは「失敗」のところで。

失敗
・段差
atama_NG_00_1002.jpg

微妙な型合わせ時のズレにより、段差がでてしまいました。髪の毛のラインがことごとくズレているのが分かると思います。普通に売っているキットでもこの程度のパーツはわりとありますが、今回は複製しなおしました。
どうも合わせた型をコップに入れる際にズレてしまうようなので、型をテープで留め、カップ自体を浅く切って型を入れやすくしました。

・レジンが行き渡らない。
dotai_kata_sippai_1002.jpgdotai_fukusi_NG_1002.jpg

胴体のパーツをさかさまにして型をとったため、袖や裾の部分へレジンが流れにくい型になってしまい、実際流れませんでした。型が出来た時点でまずそうだと思ったので、空気を逃がそうと袖付近にゲートを掘り込んでみたり、レジンを流した後、型の底をガンガンたたきつけてみましたが、うまくいきませんでした。
普通に上向きで型を作り直せばいいのですが作り直しは時間がかかるので、失敗した型の底の方に湯口を新設(左の型の右下)し、型をさかさまにしてレジンを流せるように型を改造しました。写真では見えませんが、首の部分に空気穴を開けてあります。元のゲートは掘り出したシリコンやプラ棒を詰めて塞ぎました(黒く囲んである部分)。最終的にこの方法でうまくいきました。
dotai_kata_shusei_1002.jpg

型をさかさまにしてレジンを流したところです。底をくりぬいた紙コップをかぶせてあります。
dotai_kata_reverse_1002.jpg


透明レジン
以前りゅんりゅん亭のハルヒ2を作った時に、足の下にしく台座(?)パーツが作例では透明パーツになっていたので、それに合わせて透明で作り直したいというような話をしました。で、今回良い機会なのでついでにやってしまおうと思います。使用するレジンキャストはクリスタルレジンIIスーパークリアー。東急ハンズで2,000円くらいでした。硬化に36時間かかるそうなので、結果報告は後日行いたいと思います。
haruhi_daiza_1002.jpgtomei_rejin_st_1002.jpg


コメントの投稿

非公開コメント

twitter
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

こーほく

Author:こーほく
イベントディーラー名は「なかはらワークショップ」です。
リンクフリーです。

月別アーカイブ
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。