スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

某国の姫様キット製作(その11)

キット作成日記11回目です。

まず耳の内側や指の間にエナメルのフラットフレッシュを塗り、シンナーを含ませた筆で適当にぼかして陰影をつけました。

校章デカール
次に、襟の校章のデカールを作成します。
SAWAの時と同じようにインクジェットプリンタで行います。ただし今回は校章の模様が白のため、ホワイト地のデカール用紙を使います。手順は以下のような感じで行いました。

ホワイト地のデカール用紙です。インクジェットプリンタは校章の模様の白を印刷できないため、これに、襟の色の四角の中に校章の模様をくりぬいたものを印刷し、それを貼る事にします。
white_decalpaper.jpg

胴体のパーツをスキャナで取り込みます。
scan_seifuku.jpg

取り込んだ画像を画像ソフトで開き、スポイトツールで襟の色を取得します。某所で頂いてきた校章の画像を開き、先に取得した制服の色を模様以外の部分に塗りつぶしツール等で乗せます。これでデカール用の画像ができました。
koushou_chakushou.jpg

プリンタで印刷し、クリアを吹いてコートします。コートの前には30分くらい放置してインクを十分乾かします。可能なら丸一日くらい乾燥できればBESTです。
koushou__print.jpg

余白を残して切り取り、余白ごと貼り付けます。余白を残さないと、水につけた時に、プリンタのインクが切り端から染み出してしまうためです。(インクが十分に乾燥していれば、大丈夫な事もあります)
decal_harituke.jpg

乾燥したら、刃の新しいデザインナイフ等で余白を切り、剥がします。つや消しクリアでコートし、襟とデカールのツヤを合わせます。これで完成です(UPの写真参照)。ってイマイチなじんでませんね。ああ、近いとデカールの厚みが見える…。
今回のはあまりBESTな方法でもなくて、本来ならちゃんとIllustrator等でアウトラインで模様を作成し、MDプリンタで透明デカールに模様を白で印刷っていうのが良さそうなんですが。しかもこの大きさでここまでやる必要があったのかという気も。まあ今後の練習も兼ねてという事で。

これで完成にします。
マコリンペンこと某国の姫様についてはこの辺をどうぞ。

全身
long_makorinpen.jpg

台座は、昨日川崎のイエサブで購入したカフェレオのシオラマコースター(315円)です。レンガ模様のがあったので、前に作った台座は他に回す事にして、今回はこちらを使うことにしました。

アップ
モールド無視して目尻を尖らせ、眉毛を描いたらかなりツンな感じになってしまいました。スカーフの色が青なのは中等部設定(という事にした)だからです。ちなみに赤は小等部。(と思ったけど、色は年度によって違うのかも)
up_makorinpen2.jpg

とあるひのコタツガさんの作の襟足の表現はナイスですね。本来はうなじはウチのように直線っぽいモールドになってます。

ウチはストレートに外してしまいますが…。もう逮捕かな。
off_makorinpen.jpg


キットはこれで完成ですが、明日はまとめという事で何か書きたいと思います。

(2007/07/11更新 アップの画像を差し替えました)


コメントの投稿

非公開コメント

twitter
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

こーほく

Author:こーほく
イベントディーラー名は「なかはらワークショップ」です。
リンクフリーです。

月別アーカイブ
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。