スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

模型塾 2009年1月17日

1月17日(土)、今年2回目の模型塾の講義がありました。
模型塾の詳細に関しては、公式サイトをどうぞ。

1コマ目 -> フィギュア原型再入門
2コマ目 -> ゴム型複製講座
3コマ目 -> 通常のフリー枠

以上、受けてきました。
mokeijuku_20090117_title_01.jpg

1コマ目 フィギュア原型再入門
1コマ目の今回のテーマは「早くつくってみよう」。詳細は板書の写真をご覧下さい(スイマセン、テキストに起こす時間が…)。
mokeijuku_20090117_bansho_00.jpgmokeijuku_20090117_bansho_01.jpgmokeijuku_20090117_bansho_02.jpgmokeijuku_20090117_bansho_03.jpg

こちらは原八さんの実演(説明しながら20~30分程度)で造った、工程を簡略化したガチャサイズ原型。通常だと脚や腕パーツが入るのですが、省いてあります。寝そべっているポーズ。
mokeijuku_20090117_nesoberi_00.jpg

これは次週のテーマ「ちいさい人形の作成」でも使われます。

最後にイベント前の修羅場を乗り切るテクニック紹介。このようなことも教えてくれる模型塾、ためになります。
mokeijuku_20090117_bansho_04.jpg

「毎回修羅場を迎える人と、毎回きっちりイベント前までに余裕持って仕上げる人、何が違うんですかねぇ~?」
という話に関しては、「性格」という結論に落ち着きました。夏休みの宿題をギリまでやらない人は前者なんだそうです。
しかし、なんだかんだ言っても計画は遅れるのです。アポロ計画だって遅れたんです!


2コマ目 ゴム型複製講座
今回は、まず原八さんによる粘土埋め実演の後、受講者による粘土埋め実習がありました。
mokeijuku_20090117_bansho_10.jpg

こちらが原八さんの原型&実演での粘土埋め状態。きっちり1つの型に収まっております。
mokeijuku_20090117_genkei_00.jpgmokeijuku_20090117_nendo_00.jpg

で、前回言いましたように私はパーツの仕上げが全然間に合っていなかったので、比較的表面の綺麗なモノを選んで原八さんの指導を受けながら時間内に埋められるだけ埋めてまいりました。
mokeijuku_20090117_nendo_01.jpg

3コマ目のフリー枠まで使い切ってやっと埋め終わりました。ああ~サフも吹いてない!しかも左下の物体は最初に造ったスライムですヨ!いくら埋める物無いからって…。
(他の人はもちろん表面仕上げまで済ませておりました)

これで私はパーツが間に合わなくて、スライムを埋めた最初の人間として語り継がれる事でしょう…。

この後シリコンゴムを片面分流し、各人の型を秘密の場所に保存して帰りました。
来週には硬化しているはずなので、粘土をはがしてもう片面を流すところから続きを行います。

コメントの投稿

非公開コメント

修羅場...

一般人から見るとたかが趣味のイベント、されど血の何%かに溶剤が流れてるような我々にすれば年に数回の晴れ舞台。

自分は、精神的に追い込まれます。二週間前くらいからリアルに胸が苦しくなります。”マニアワナイカモ・・”が脳内にリフレイン。楽しむ余裕なんてどこにも無い。もう今後は出るの止めようとかまで考える始末。

でも、当日はとっても楽しい。

そう、その繰り返しなのさ!

Re: タイトルなし

うーん、まさに麻薬のような魅力ですね。

個人的には、当日はディーラー卓でヘロヘロになりながら販売して、
完売後に卓に突っ伏して寝てるような状態に強い憧れがあります。
twitter
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

こーほく

Author:こーほく
イベントディーラー名は「なかはらワークショップ」です。
リンクフリーです。

月別アーカイブ
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。