スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進捗など

顔がひと段落しました。というか今日の講座の「髪」で顔を使うので、切り上げざるを得ないといいますか。
mokeijuku_20081205_01_kao_naname.jpgmokeijuku_20081205_02_kao_shomen.jpg

以前の講座で「目の中は凸レンズ」という内容があったのですが、私のは最初凹レンズになってました。
目の手順として、目の彫刻を掘る前にまず眼窩のくぼみを彫ります。考えてみえば、そのくぼみの上に目を彫刻するわけですので最初は必ず凹レンズになると思うのですが、私のは特にくぼみが深すぎたのかもしれません。
これはちょっと前の画像。
mokeijuku_20081205_00_o-lenzu.jpg

というわけで、凹レンズを修正して凸レンズにしました(最初の画像)。やり方は凹レンズの下の方を削って平らにし、下まぶたもそれに合わせて削ります。
この眼球表面の角度でも結構見え方が変わるのですね。

あとは出っ張り過ぎのおでこを削りました。

鼻の下のスジは、家にあるフィギュアで確認したら、鼻の流れをそのまま残すのと平らに近くするやり方とがあるようなのですが、口を掘るのが簡単なので平らにしました。
この部分はどちらのやり方でも全体に与える印象では大差無いのか、どちらも同じ位の数でした。


手も作ってみましたが「太く造って細く見せる」ができてません。ドツボにハマリそうなのでいったん止め。
mokeijuku_20081205_03_hand_left.jpg

剣を持っている右手は握り手っぽいのですが、少し開いていたので針金手にしました。
ですが、手順どおり最初に上からパテをかぶせた後に、ガイドになる針金が手の内側になってしまって見えないことが判明。
mokeijuku_20081205_03_hand_right.jpgmokeijuku_20081205_03_hand_right_pate.jpg
やっぱり塊から削りだしにすべきか。

手は自分の手で色々な形状をすぐ確認できるのでわかりやすいのですが、模写できるかというとやはり簡単にはいかなかったので、またデッサン本のお世話になっております。

針金手を造ってて難しく感じたことは…
・最初に四角いパテの固まりを造るのが結構手間。 -> 適当に枠をつくってパテを流す。
・最初に手の幅や指の長さをどのくらいにすればいいか悩む -> 自分の手・指の長さをはかって1/8する。
・上からパテを盛ると指の関節の曲がり具合がわかり辛くなる -> どうしましょ
・指の太さがまちまちになる -> どうしましょ


武器ものろのろ作ってますが、結局正確にプラ板を切り出せなくてパテでところどころ修正。そういえばノンソル以外のポリパテとかアルテコ使うのは久しぶりな気がします。
mokeijuku_20081205_04_ken.jpg


ボディというか足首は靴底にパテを盛って厚底にして時間切れ。
mokeijuku_20081205_05_kutsuzoko.jpg

では、今日も模型塾行ってきます。

コメントの投稿

非公開コメント

いつも読んでいますがコメントするのは久しぶりです。
パテの塊ですが、私は多く練りすぎたときや
そろそろ使い切らないとダメになってしまうときに
ポリエチレン・ポリプロピレン製の
いろいろなケースにパテを入れてブロックを作っています。
100均で売っている棒状製氷器などです。
やわらかいうちに取り出せばナイフも簡単に通りますよ。

指は塊からのほうがよさそうですが
針金を芯にしたいのなら
手のひら側からパテを持って、ほぼ手のひら側を完成させてから手の甲側を盛れば多少は作りやすいはずです。
長文で失礼しました。

moreさん、こんにちは。
アドバイスありがとうございます。

製氷器に棒状のものがあったのですね。くっつかない材質のケースなど、
今度100均に行ったとき、いろいろ見てみたいと思います。


確かに手のひら側から盛って行けば、外から針金が見えるのでやりやすそうですね。
とりあえず塊からの削りだしで始めてみましたが、上手くいかなかった時は
試してみたいと思います。
ありがとうございました。
twitter
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

こーほく

Author:こーほく
イベントディーラー名は「なかはらワークショップ」です。
リンクフリーです。

月別アーカイブ
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。