スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

模型塾 今後の予定と目標

とりあえず筋肉はOKいただきました。今は顔を造ってます。
zenshin_20081120_0.jpg

ところで模型塾ももう通い始めて3ヵ月ほどになるのですが、個人的な目標として、模型塾の今シーズンの講義で原型製作~ゴム型作成まで一通り習得したいというのがあります。

そこで気になるのが、講座の内容を含めた今の製作ペースでそれが可能なのかという事。

模型塾の今後のスケジュールとしては、公式にあるように、私の今受けている原型の講義が今年の12/20までで、ゴム型の講義は年明けの1/10から始まります。

ゴム型というか複製には原型が必要なので、原型は1/10まで仕上げなければなりません。

しかし、用意する原型は何でも良いらしく、極端な話、最初に造ったスライムでもかまわないそうです。
また「立見コース」という見るだけの受講も可能だそうです。

ただ、できれば自作原型を完成 -> ゴム型で複製というように、今シーズン内に一通りの内容を習得したいと考えてます。ゴム型講座は今回受けなければ、おそらく次は半年後です。

今後のフィギュア原型工作入門の予定を、先日原八さんに聞いたところ、以下のようになっているそうです。
mokeijuku_bansho_yotei_20081115_00.jpg
11/22 顔その2
11/29 手首(足首も?)
12/06 髪
12/13 分割
12/20 服
+ 来年の2月あたりのどこかで補講(小物or表面処理?)
(いきなり答えてもらった内容なので、決定ではないかもしれません)

つまり、服の作成以降は各人の自習という形になります。もともと模型塾は課題とかがなく、進行ペースは各人それぞれなのです。

しかし、服と言っても色々ありますし、講座の説明を聞いただけで自力で満足なものを完成させるのは至難の業でしょう。
モノによっては人間を作るより難しい服装や武器などもありますし、個別の指導と添削が必要だと思っています。

ここで、では今までの受講者の人たちは終了後どうしていたのか?模型塾で造りかけになった原型はその後どうなったのか?が気になってきます。

完成させたのは2名
原八さんに聞いたところ、今まで受講中に造っていたものを最後まで完成させたのは2名だけだそうです。

ひとりはふぃぎゅ庵。さん。こちらは1シーズンで原型完成 -> ゴム型作成にこぎつけてらっしゃいます。勝手な想像ですが、比較的シンプルな服装の原型であることと、身近に指導して下さる人がいたのがポイントではないかと想像します。

もう一人は北海道から毎週飛行機(!)で通って、ヨン様を造っていた65歳の女性。講座終了の2ヶ月後に完成の報告があったそうです。悠々自適の生活で金銭的にも時間的にも比較的余裕があったという事らしいですが、よほどの情熱が無ければ毎週北海道から来ませんよね。すごいお方です。

全員に事後確認とかはしてないと思うので、実際はもう少し多いんじゃないかと思います。また、以前のシーズンから継続して現在フリー枠で作業してる方もいらっしゃいます。

このように実績から見ても、普通に作業していたのでは原型完成 -> ゴム型作成は間に合わない事がわかります。

前倒しで造る
ではどうしたらいいかを相談したところ、出来るだけ前倒しで服や小物を作るというのが現実的な落としどころのようでした。

例えば私の作っている神楽坂明日菜の場合ですと、剣はもともと講座に含まれて居ないので平行して作れます。
19_hyosi_coverura_288.jpg
あと、スカートは本体原型を離型処理してポリパテを前後からぶっかけて固めて、カパッとはずしてやれば本体に手を付けずに形を出すことが出来ます。本体部分は今後も講座で手が入るので、先行しての作業はできないのです。
あとは髪飾りの鈴くらいか。ニーソは微妙か。分割の話なども少し先行でしてもらいました。
mokeijuku_kami_20081115_00.jpg

フリー枠はデフォで受講したいと思っているので、ゴム型終了の日(2/28)まで先に申し込んでいいですかと聞いたらとりあえず1ヶ月ずつにして下さいと言われました(実演の内容も決まってないのに、考えてみれば失礼な話かも…)


デッドライン
ゴム型複製講座は一回目は座学なので、原型が必要になるのは2回目以降。日にちでいうと1/17がデッドラインです。
現実的に考えるなら、1/10にOKをもらって、最終週は予備くらいに考えたほうがいいかもしれません。

キモは、12/20の原型講座最終日までにどれだけ進められるかだと思っています。その後ゴム型講座まで3週間ありますが、模型塾も休みなので添削が受けられません。

12/20までに服(上半身)と表面処理以外は全てOKをもらい、ゴム型講座までの3週間に服(上半身)と表面処理全部、あとそれまでの指摘事項全部を終わらせて、年明けの1/10にOKをもらいたいですが、服を一発でOKもらうのは無理だろうな~と思ってます。

そうするとやはり1/17あわせになりますが。いやいっそ上半身の服も前倒しで…いやそれはムリ。
そもそも模型塾スケジュールからの単なる逆算での「こうしなければ間に合わない」という予定の立て方なので、無理が出て当然なのですが。

そんなこんなで、できるかどうかはあまり深く考えずに、できるだけ前倒しでやっていこうと思います。

とりあえず武器の図面を引きました。正式な設定資料やサイズ比較図などがないので、ネットやコミックの絵からの推測も入ってますが。コレを元にプラ板などの材料で作っていきます。
hamanotsurugi_zumen_20081120.jpg

次の講義までに、スカートも作っておきたいかもしれず。とりあえずただの固まりでもいいから色々な箇所を早いうちに見てもらいたいので…。


まー何を一人でアツくなってんだとお思いでしょうが、自分で締め切りを設けないと作業しないタチなのです。
ましてここまでblogでさらして失敗しようものならm9(^Д^)プギャーですから。必死です。


以下、余談です。個人的に気になっていたことや他の方から質問のあったことを原八さんに聞いてみました

最終回までの完走率は?
最初の時期に原八さんに聞いたところ、これまでの平均でだいたい7割くらいだそうです。やはり残念ながら、諸々の事情により途中でやめてしまう人が何割か居るそうなのです。

私の受講してる第10シーズンαは受講者13人で、これまで最悪でも欠席は2人(同じ人が休み続けてる訳ではない)だったのでかなり継続率は高いそうです。βのほうはちょっと低いそうで、出席が7~9人を行ったりきたりという感じ?

なぜ、顔を後で造るのか
模型塾のカリキュラムですと、先に体を作ってから顔を造ります。他の教本などでは先に顔を造ることが多いのに、模型塾ではなぜ?という質問を受けました。

前回のフリー枠で原八さんに聞いてみたところ、先に顔を造ると時間がかかるので、体の方が大きな部分が比較的簡単に出来て、達成感を得られるから。という事だそうです。
確かに先に難しい内容やらせて、嫌になってやめられたりしたら困りますね。

現在のカリキュラムなら、顔を造る頃にはある程度ポリパテ造型も慣れてきているので、顔は2コマで終わるのです。最初にやったらたぶん6コマはかかるだろうという事でした。

作業の順番に付いては、そのほかの部分でも受講者が時間をやりくりしやすいような構成になっているようです。

例えば、前回の「筋肉」は作業量膨大ですが、今回の「顔」は作業量としては少ないので、前回の筋肉をある程度フォロー出来ます。

そのほかには
顔 -> 髪 -> 手 というように近い部位を連続して作業したいと考えがちですが、これだと最初の回で顔ができないと次の髪に入れません。
模型塾では
顔 -> 手 -> 髪 のように間に手を入れることにより、顔が最初に出来なくても次の週でフォローできるので最終的に髪に間に合う確率が高くなります。

というわけで結論としては、毎週の講座という形式では、受講者の負担をなるべく分散する工夫が必要になってくるので、通常の作成手順から見るとイレギュラーな順番に見える…という事だと思います。


関係ないですが、今日念願の万力(アンビルバイス)を買いました。机の端にかませて使ってます。これで勝つる!
vice_20081115.jpg

大剣のプラ版3枚を重ねて固定して、接着剤流し込み中です。手だとずれるので…。
vice_20081115_01.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様です。

なるほど、工夫をこらしてますね。 > 作成順番の話
枠に収めようとすると大変だ。自分だと絶対に間に合わない自信がありますw

どうもです。
そうですね。講師の立場からだと、色々考えなければならない事が多いんだなぁと。

それより一受講者としてまず、ちゃんとモノを仕上げろといわれそうですが…w

こんばんは。
現在「顔」創作中です。
少しは前進しましたが、あいかわらず盛っては削りの繰り返しです。
私もゴム型受講しますので是非とも原型完成させたいと思っています。
かなり難易度高いですが、「あきらめたらそこで試合終了だよ」という名言を胸に頑張りますよ!!
こーほくさんも頑張ってください。

ところで万力は何に使うのですか?

あぁ・・・気持ちがわかります~

すごい!きれいな人型が!!いつも感心しながら拝見していますー。
私もペースメーカーと監視する人がいないとすぐサボるので、
お人形は2ヶ月毎のイベを目標にブログで作業をアプするとかしないと緊張感がつづきません。
模型塾に通ったのはペースメーカーにするためと、「作ってもらったんじゃないの?」と
思われるのが嫌で全部自分で作りたかったので・・・・結果塗装は丸投げでしたがorz
実は私の場合、ひそかに夏のWFに出るまでを最終目標にいれていて(当時は恥ずかしくて言えなかった)
オリジナルでないと版権申請が間に合わないのと自分の実力では水着系でないと間に合わないと思ったので・・・・。
とはいえ、こんな私でも後半には慣れてもっと手際が良くなったので、こーほくさんならいけますよ!!
それにしても、こーほくさんのブログは模型塾に通っている人にも復習になってモチベーション保てるし、
時折はさまるイベントネタとかも参考になるし、レポの文章は分かりやすいし、とてもすごいです!!
今度コミティアいってみます!!!
長文ですみません・・・・。



>sarasaさん
どうもです。頑張ってますね。私も、なかなか満足いく
顔になりません。顔はあとあとまで引きずりそうです。
顔は講座自体がまだ途中なので、顔は程ほどにして、
武器のほうを作ってます。

万力は、3本目の手というか、モノを固定して色々やったりします。
今ちょうど、プラ板を同じ形に3枚切り出して重ねて、ずれないように
万力で固定して接着剤流し込みとかやってました。あとはパイプをはさんで
つぶして楕円のパイプを作ったり…今回は主に武器作成に多用してますです。

>あど。さん
こんにちは。
あど。さんが原型 -> ゴム型の実績を作ってくださったおかげで、
すごく心の助けになっています。
やはり一度は全作業を通しでやってみたいものですよね。

私も模型塾はペースメーカーの意味が大きいです(もちろん技術的なこともですが)。
原八さんに普段こればっかり言ってるので気を悪くしてなければいいんですが・・・(笑)

なるほどー。WFあわせだと、さらにそっちのスケジュールも考慮しなければ
ならないのですね。大変だ。
今は新興イベントだけが小刻みに開催されてるのでそれほどシビアでは
ないのかもしれないですが…。

ブログは、これもペースメーカー効果というか授業のレポートみたいに
毎回やるって決めてたんですが…やはり後半はヘビーになってきますね。
でも止めませんので、これからもよければ見に来てください。
twitter
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

こーほく

Author:こーほく
イベントディーラー名は「なかはらワークショップ」です。
リンクフリーです。

月別アーカイブ
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。