スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

模型塾 フィギュア原型工作入門 受講報告 その02(全16回)

こんにちは、オリビアIII世です。不二子不二子。

模型塾で使うパテヘラを買ったつもりが無くしてしまったので、模型塾へ行く途中で渋谷ハンズに買いに寄りましたら、ハチ公前あたりにこんなモニュメントというか東急の旧型車両がが。
mokeijuku_2008_0913_00.jpg
中は東急線の歴史資料が展示されていて、座席で休むことも出来るようです。今度ゆっくり見てみよう。
(追記:既に2年前からあったそうで…)

というわけで、模型塾受講報告2回目(全16回)です。私が受講した内容やその他の事を私が毎回ダラダラと意訳して書いて行くコーナーです。
模型塾詳細に関しては公式サイトをどうぞ。講座の内容やスケジュール詳細を見ることができます。

最初の4回はスライム作成。今回はその2回目です。

これが前回つくったスライムの芯です。今回は、ここからスライムの形出しまでをやりました。
mokeijuku_20080906_05.jpg

お楽しみタイム
開始時間に全員がそろわなかったので、それまで原八さんの作成したメカ原型を見せてもらいました。ノンソルポリパテ(硬化剤が旧タイプで現行よりさらに硬い)使用だそうで、金属のように硬くて重かったです。ディテールもかなり精密で、基本的にすべて手作業で形を出しているとの事。

メカといっても本当の工業製品ではなく、買った人が判別可能な精度であればOKなので、円状のパーツ等でもわりと手作業の試行錯誤で可能という話とか、3Dデータモデリングに比べて、手作業の方がわりと細部の融通が利くなどなど、ためになるお話も。

こういう事態に備えて時間を無駄にしないよう、このようなネタを用意してあるのだとか。さすがですね。

スライム作成その2
前回作った芯に、パテやナイフで盛り削りしてスライムの形を出していきます。
原八さんが大まかに説明した図です。これが今回の作業。まず原八さんが見本を作り、各自が作業するという流れ。
mokeijuku_2008_0913_01_2.jpg
スライム作成は作業の流れを体得するのが目的で、精度とかは優先しないので各人のスライムに個性が出てきます。それが結構面白かったり、他の人のが参考になったりするのだとか。

永字八法とスライム造形
書道の世界では「永字八法」という、基本的な技法はすべて「永」の字に含まれているという考え方があります。
ポリパテ造形においては、スライムがこれに相当するというのが模型塾での考え方。ふくらみ(R)、へこみ(逆R)、平面出しなどなど。今後のフィギュア作成においても、この技法が重要になってくるのだそうです。
mokeijuku_2008_0913_02.jpg

私が今回、時間内に出来たのはここまで。饅頭状態。ツノを削り出すところで終わりました。逆R(へこみ)を出す所なので固くなる前にやっておきたかったところです。
mokeijuku_2008_0913_03.jpg


今回のポイント
mokeijuku_2008_0913_12.jpg
・円を削りだす時は、四角の角をナナメに落として8角にして~を繰り返してだんだん多角形っぽくして、丸に近づいたらヤスリでならす。
・持つところがなくなるほど全体にパテを盛るときは、ドリルで穴を開けてツマヨウジ等刺して持ち手に。
・盛り足し時は1時間くらい待つとしっかり食いつきます。
・ヤスリがけは当て木を使うとゆがみが出ず均等に削れる。その後なめらかにしたい部分は手に持って使う。
・布ヤスリはだんだんヘタってくるので、2軍落ちにして手で持って使う用にする。
スライムのツノ周辺など、逆Rを彫る場合は手首のスナップを利かせてえぐるべし。
・逆Rのヤスリがけは布やすりをペン等の丸い棒に巻いて使う。
・布やすりは裏からナイフで切れ目を入れ、パキッと折って切り取る。表から切るとヤスリ目にナイフ刃が負けて一発でアウト。
・削る高さを均等にするため、円定規や、ペンを当てて原型を回す方法で目印の線を引く。
mokeijuku_2008_0913_04.jpg
・姿勢がだんだん前のめりになってくるので気をつける。椅子を引いて背筋をまっすぐに。
・飛び散ったポリパテの粉は鉄定規で寄せて掃除。
・家では、掃除機のノズルを手元に引っ掛けてすぐ吸える様にしておくなど、粉をマメに片付ける工夫をすると良い。

その後、家で仕上げたのがこの状態。ツノが生えました。パテが完全硬化していて、逆Rの掘り出しがなかなか大変でした。女子はもっと大変なのではとか余計な心配もしてみたり。この硬さが完成後に欠けにくかったりと利点にもなるのでしょうか。
mokeijuku_2008_0913_05.jpg


以下、今回までに登場した使用工具など。

パテヘラ・つまようじ
ポリパテを練ったり盛ったりするのに使います。パテヘラはハンズで購入したパテ用プラスチックヘラ45mm。つまようじは細かい場所に盛ったり、持ち手として使います。
mokeijuku_2008_0913_13.jpg

ナイフ
スライムで使用するのは主に以下の2つ。
OLFAアートナイフプロ曲線刃(写真上) -> 刃が大きいです。柔らかい部分を大まかにザクザク切り出すときに。
タミヤのモデラーズナイフ(写真下) -> 中くらいのサイズの刃です。硬くて力のいる場所に。刃のサイズの割に厚みがあり、力を入れても刃がよれないので良いとの事。力を入れる時は刃の根元、細かい作業のときは刃の先端など使い分けもできる。
mokeijuku_2008_0913_06.jpg

ヤスリ
40番と100番の布やすり。これは東急ハンズブランドのモノ。これを各自の用意した木の板(カマボコ板等)にあてがい、ザリザリ削っていきます。
私は先日のSuperModelers出張版受講時に貰ったんですが、ちゃんとカマボコを食べた人も居た模様?
mokeijuku_2008_0913_07.jpg

瞬間接着剤
原八さんオススメのWAVE3本入りハイスピードタイプ。今回はスライムの芯の貼りあわせで流し込みで使いました。
mokeijuku_2008_0913_08.jpg

歯ブラシ
原型の表面や気泡、ヤスリの目に入り込んだ粉を落とすのに使います。
mokeijuku_2008_0913_11_02.jpg

金属定規
布ヤスリを切るときに使ったり、紙ヤスリの場合はコレに巻いて使います。
mokeijuku_2008_0913_10_01.jpg

タミヤ フィニッシングペーパー
仕上げ用の紙ヤスリです。次回から使用予定。
mokeijuku_2008_0913_09.jpg


173cm位
恒例の出席簿のお題。今回は身長でした。

次回予告
次回は表面処理だそうです。細目用ポリパテのスベスベで気泡埋め、タミヤフィニッシングペーパー(紙ヤスリ)で表面仕上げ、サーフェイサー吹きなど。
作るフィギュアの原寸スケッチも開始するので資料を持参。ついに私の謎ポンチ絵を世界に発信する日が…?ブルブル

飲み会
夜から秋葉原某所で歓迎会を開いていただきました。フィギュア講座α、βの2コース合同の任意参加で参加者16名ほど。
酒が進むにつれて年齢や趣味、最近のオタ買い物等、赤裸々な会話が交わされ、3時間ほどの濃密な時間を過ごさせていただきました。
すでにWFディーラー参加者がいたり、今日はじめてフィギュア屋さんに行った人が居たり、ご夫婦で参加してる方とか、突っ込んでみると実に色々な方々が居ることが判明。

その他、会場の床にシリコンをひっくり返した時、拭いたらツルツルになって、後に会場使うアルゼンチンタンゴ教室の方とちょっとシリアスな感じになったとかならなかったとか。
むしろワックス効果が出ていい床なんじゃないかとか思いますがそういう問題じゃないですね。私もポリパテ缶とかひっくり返さないように気をつけないと…。

あとは年齢順に座ったら原八さんの次が私だったりとか…。
まあ、あれですね。年齢制限の無い所が模型塾の大きな魅力だと思いますという事で、今回は締め~。

コメントの投稿

非公開コメント

復習になります!

はじめまして、原八さんのブログから来ました。
私も前回の模型塾受講者ですが、こーほくさんの記事を拝見させていただいて、
「あーそうだ!そうだった!」と忘れていたポイントなど再確認しました。
作り終わると自分のノートもあまり開かなくなるので復習になり勉強になりました。
原型つくりは完成はすごく大変でしたが、それ以上に楽しかったです。
これからも拝見させていただきます、がんばってくださいー!

パテ、奥が深い、というか、まだまだ経験不足ですね、自分は。
最近は、もう使わないと決めてた光パテ再評価で使ってます、気泡埋めに。要は適材適所ですかねー。

では、ポンチ絵、楽しみにしてます(笑)。

ところで、アキバスパモデにもノンソルパテが入荷してました。
MYKデザインのクリアデカールとか頼んだら入れてくれて、イイお店なんですが。
ノンソルパテ1kg 2500円(硬化剤別1400円)。
( ゚д゚)...エッ!

モリモリと変わらないです、それでは..

>あど。さん
はじめまして。模型塾の先輩さんなのですね。よろしくお願いします。
自分や他の受講者さんの復習になれば~とか考えてたんですが、
さっそくお役に立ててよかったです。

blog見させていただきました。
フィギュア講座の修了生(?)さんの報告を見たことが無かったので
どんな感じかな~と思ってたのですが、すばらしい作品を拝見して、
かなり勇気をいただきました。

今後も続けて行きますので、お暇なときにでもまたよろしくお願いします。

>naka gawaさん
ウチも光パテ死蔵してますが…やはりあの硬化の早さと手軽さは
捨てがたいものがありますね。

ポンチ絵は、「こんなんでも大丈夫なんだー」と皆さんに勇気を
与えるのが目的です(笑)

スパモのノンソルは流通の関係でハンズより高くなるみたいです。
あれは安いのがとりえなのに(笑)。
缶を見た限り、モノはハンズのと同じようなんですが。

■まいどお世話になっております!
~ということで、模型塾トップページでも紹介させていただきました!
今週もまたよろしくお願いしますねヽ('A`)ノ

原八さん、どうもです。
今週もよろしくお願いします!

コメントいただいた皆さん、何気に全員顔見知りなんですなぁ…。
模型塾コミュニティは順調に広がり続けているようで、すばらしい事です。
twitter
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

こーほく

Author:こーほく
イベントディーラー名は「なかはらワークショップ」です。
リンクフリーです。

月別アーカイブ
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。