スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使用工具など(中級編)

中級編の制作で使用した道具は以下のとおりです。
ayaka_kougu_chukyu_00_numbering.jpg


1. ピンバイスとドリル。ドリルは0.5mmと1.0mmです。持ち手の竹串を挿す穴を開ける用です。0.5mmは小さいパーツ用ですが、用意するのが面倒な場合はピットマルチ2で竹串をくっつけるだけでも大丈夫だと思います。
2. 瞬間接着剤。気泡埋め用に。今回はウチにあったWAVEのハイスピードタイプを使いました。普通のでも大丈夫だと思います。付けすぎるとパーツが白くなるので注意です。
3. デザインナイフ。OLFAの普通のタイプです。パーティングライン処理に。
4. ピンセット。小さいパーツを取り付けたりするとき用に。
5. 紙やすり。タミヤのフィニッシングペーパーの320,400,600番。パーティングライン処理に。今回はこの10倍くらい使いました。
6. 芸人サンダー。320,400,600番。奥まったところのパーティングライン処理に。無くても作業できますが、作っておくと楽です。詳細や作り方はこちら(サンディング補助具を作ろう)
7. クレオスのスーパークリアー光沢。スミ入れする前に吹いて、ヤスって荒れた部分を平滑にします。
8. クレオスのスーパークリアーつや消し。パーツのツヤを消して、リアルな質感を出します。今回は2缶使いました。
9. ラッカー薄め液。中身はガイアノーツのモデレイトですが、普通の薄め液でOKです。スプレーや塗装に失敗した時に、これをコップに注いで、パーツを浸して塗装を落とします。今回は書きませんでしたが、胴体のパーツで一回失敗したので使いました。
10.ガンダムマーカー。各部の塗装に使います。今回はガンダムSEED DESTINYマーカーセット、ガンダムメッキシルバー、消しペンを使いました。
11.リアルタッチマーカー。リアルタッチブラウン1とぼかしペンの2本。各部のスミ入れに使います。
12.猫の爪とぎ。パーツ持ち手用にパーツに竹串を刺し、スプレー後ここに立てて乾燥させたりします。
13.竹串。パーツの穴に挿したり、ピットマルチでパーツを付けて持ち手にします。
14.つまようじ。塗料を付けて塗ったり、ピットマルチや接着剤をパーツにつけるのに使います。
15.プラのコップ。ピットマルチや塗料をはがすときに、水や薄め液でパーツを浸すのに使います。
16.梅皿。ここにマーカーから塗料を出したり、色を混ぜるのに使います。画材店で300円くらいしますが、今後細かい筆塗り等をするなら持っておいて損はないと思います。100円SHOPにも似たような物がありそうな気がします。無ければコンビニ袋等のビニールでも代用できます。
17.ティシュー。マーカーのペン先をぬぐったり、パーツに付いた薄め液や水を吸い取るのに使います。パーツの場合は毛羽だたないように、押し当てて吸い取るように使うと良いと思います。
18.ピットマルチ2。初級編と同じように、パーツの接着等に使用します。
19.星型シール。台座にちりばめて見栄えを良くします。ユザワヤという大型手芸用品店の文具・画材売り場で189円で購入。りゅんりゅん亭さんの見本を見て、近いものを選びました。
20.画像に入れ忘れましたが、瞬間接着剤やピットマルチを出すための紙。シールの台紙やペーパーパレットなど、水を吸わない紙がベストですが、無ければ表面がツルツルした紙やビニールでもOKです。
21.画像に入れ忘れましたが、顔パーツの固定のためにマスキングテープの6mmを使いました。のり残りの無いテープなら何でもOKです。

台座はりゅんりゅん亭さんで使用しているWAVEのD・ベース(角M)ブラックOP-211-350を使用しています。コートや塗装はしていません。裏は空になっててかなり軽いベースなので、作例のようにつま先をベース隅近くで固定するようにしないと、ベースが倒れるかもしれません。

道具はこんな感じでした。

制作中に気づいた事など
難所というか時間がかかってしまったのはやはりパーティングライン処理でしょうか。特に髪の毛は折れやすい&入り組んでいる&量が多くちょっと慎重さが必要でしたし、また、キットの性質上パーツ数が多いので、処理するラインも多くなりますゆえ。
ちなみに髪以外はパーツ自体が複雑な場合を除けば、ライン自体は全体的に処理しやすい箇所にあったり、また段差も殆ど無かったので、難しい箇所はほとんど無い良キットでございまいた。
また、600番までしっかりやらないと白化が目立つので、普段よりもかなり丁寧にやっていたと思います(いや、普段はそこまで丁寧にやらんもんで…いかんですな。600番でもまだマットだという意見もあるというのに。)。

スミ入れは、りゅんりゅん亭さんの制作上の要点を見てリタッチマーカー(リアルタッチマーカー?)を使う方法でやりました。ぼかしペンを使うやり方はワタシが勝手に解釈して書きました。というかあの方法しか思いつかなかったのでした。

塗装にガンダムマーカーを使ったのは、一番簡単だろうと思ったからでした。当キットでは出来るだけ手に入りやすい道具で、かつ簡単に出来る方法を紹介するのがベターだと思ったので。
それはいいとして、あとあと考えてみたら、レジンにアルコール系塗料が食いつくかどうか確認せずにやってました。まあガンプラに直接塗れるんだから大丈夫だろうくらいの気持ちで(ぉ。一応キットの不要部分に塗って、水+綿棒で強くコスったくらいでは全く落ちなかったので、大丈夫だと思います。

ところでガンダムマーカーはアルコール系。上からラッカーのクリアー吹いて大丈夫なのかという心配がありましたが、よほど一度に吹きすぎない無い限りは大丈夫なようです。ネットで調べてみたところ、アルコール系とラッカー系は互いに溶かしあうようなのですが。ちなみにスミ入れ用のリアルタッチマーカーは水性なんですが、こちらもラッカークリアーは少しずつ吹けば大丈夫でした。

心残りはステッキの塗装でしょうか。見本の色を再現できないまま終わってしまいました。何かコピックもダメそうなので、いい方法が見つかったらまた報告します。あくまでマーカー系を使う方向で…。

あと当キットでやれる事は、もう無いような…。塗装に関しては、現状からよりワタシの腕で完成度を上げる方法は思いつかないですし、あえて綺麗なカラーレジンの色をぬりつぶす必要もなかろうかと。
あえてやるなら、コピックでの影付けくらいでしょうか?効果は未知数ですが…。
それとか頭のてっぺんの髪の分け目が若干不自然に見えなくも無いので、黒レジンを自分で調合して処理してみるとか。
ayka_atama_teppen.jpg

黒瞬着や黒シアノンなんて製品もありますが、やはりカラーレジンにはカラーレジン処理するのが美しいんじゃなかろうかと。
やるとしても上級編というか、ちとチャレンジングな内容なので番外編的な扱いになるかと思います。

とりあえずもうちょっと続きます。

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

こーほく

Author:こーほく
イベントディーラー名は「なかはらワークショップ」です。
リンクフリーです。

月別アーカイブ
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。