スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーティングライン処理、つや消し吹き

りゅんりゅん亭の遠那かんし様からご連絡いただき、りゅんりゅん亭のサイトに当blogをリンクしていただきました。
当blogの魔法人形あやかの製作記事などを読んでいただけたそうで、リンクのページと、制作講座(魔法人形あやか)の所で紹介していただいてます。ありがとうございます。

以前のROUND FACERさん同様、ディーラーさんと同列にリンクを並べていただけるとなにやら恐れ多い気もいたしますが、今後もよろしくお願いいたします。

のりをはがす
前回説明し忘れたのですが、中級編(前回から)に進むために初級者編で使用したのり(ピッチマルチ2)を取り除きます。
水で洗えば落とせるのですが、厚塗りした時やパーツが多い場合はちょっと大変なので、ぬるま湯にパーツを1時間ほどつけておくと、ふやけてピンセットやつまようじできれいにはがす事ができます。
ayaka_cup_0105.jpgayaka_hagasi_0105.jpg


パーティングライン処理、つや消し吹き
黒パーツのパーティングライン処理と、つや消しが終わりました。
ayaka_blackparts_all_0105.jpg


髪の毛はパーツ数も多く、形状も非常にシャープなので、折らないように慎重に作業しました。
ヤスリがけ中
ayaka_kami_0105.jpg

レジンキャストはある程度弾力があるので、根元からポキリはありませんでしたが、先端が1~2mm欠けたことが数回。ですがその程度ならまたヤスって尖らせてしまえばわからなくなります。
ヤスっているときよりも、指や工具で弾いてしまい焦る事が多かったです。

前回お話した芸人サンダーですが、詳細はエビス堂様のこちらをどうぞ。本キットでは髪の毛の隙間やリボンの結び目でお世話になりました。無くても作業できますが、あると楽です。
こういう所をヤスるのに便利
ayaka_ribbon_yasuri_0105.jpg


つや消しには、クレオスのスーパークリアーつや消し(缶)を使いました。
ayaka_superclearkan_0105.jpg

1回サッと吹いて乾かして、もう一度吹く位でちょうどよい感じになりました。
一度に吹きすぎると、下のようにフラットベースの粉が窪みに流れて白くなってしまうので、追加で吹く場合でも薄く何度かに分けて吹くのが良いと思います(それでもやりすぎると今度は全体が白くなってきますが…)
フラットベースが窪みに溜まって白くなった例
ayaka_flatbase_damari_0105.jpg

この程度ならそれほど目立ちませんが、気になる場合はデザインナイフの先端等でやさしくなでてこそげ取る事もできます。

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

こーほく

Author:こーほく
イベントディーラー名は「なかはらワークショップ」です。
リンクフリーです。

月別アーカイブ
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。