スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝倉和美7/30

そういえば、今年はWFレポはありません。すいません。
COMPO-SITEさんのところで目利き度上位を狙ったりとか、コタツガさんのところでリンク集の上の方を狙ったりとかなんか目標みたいなものもあったんですが、ディーラー始めたらそこまで余力を残せませんでした。


デカール作成の続きです。貼ってはがして微修正の繰り返しでございます。
IMG_3016.jpg


調べてみたところ、最近の瞳デカールは瞳だけじゃなく、まつげや眉毛までカバーしてるんですなぁ…。
そうするとモールドの凹凸による歪みなんかも計算に入れて~みたいな感じで作るんでしょうか。まつげのモールドもあえて作らなかったりして。
そこまでできれば最高ですが、眉毛まで遠すぎてデカールの透明部が目立たないのかなぁとか気になる部分もあります。


今はA-ONEのタトゥーシール使ってますが、ガイアのおうちdeデカールがこれとほぼ同じで、それはデカールじゃなくてシールじゃないのかとか。
IMG_3014.jpg
配布前提となると裏にMD用のデカールシート重ね貼りとか必要ですね。厚くなりますが…。


レタリング用のスティックでこすって糊シートを圧着してます。この糊がわりと印刷面から剥がれやすいんですが今のところ一番これが確実です。
IMG_3012.jpg

アレですね。多少割高でも5枚くらいからやってくれるデカール業者さんがいるといいんですが。

続きます。
スポンサーサイト

朝倉和美7/29

瞳デカール続きです。

なぜか印刷を拒否されてしまいます。
小さいベジェ(白目の枠)に点線を使ったのがまずかったようで、それに気づくのに数時間、やってるうちに黄色インクが底をつきました。
IMG_3010.jpg

が、何とかテスト用紙に印刷できました!やったどー!(この後ソフトがハングってデータ消えましたが…)
IMG_3008.jpg



朝倉和美7/28

ワンフェスのヌルくない方のスレを熟読していたら数時間経っていたでござる。
次回から版権アイテム申請数上限が5個になったのが反響を呼んでいるようで。

そこで、皆さんトレフェスですよ。こちらは上限ありませんからね。ウチはアイテム2個しかないですが、ええ。
というわけで、10/12のトレフェス有明に申し込みました。多分再販のみですが、弱小ディーラーlながら数少ないガレキイベントを応援していきたいと思います。

瞳デカールを作っています。デカール作るのは2年前のでんすけ以来ですが、相変わらずフリーのInkScape&安物インクジェットプリンタです。
kazumi_hitomimake_2009_0728_20090729012526.jpg

カラーレジン補足

カラーレジンキットの組み立てについて(購入された方へ)
今回販売した朝倉和美はカラーレジンキットという事で、自分で塗らなくてもそれっぽい仕上がりになります。
といいつつ、カラーレジンは表面処理に特有の部分があるので、初めてカラーレジンを組まれる方は「魔法人形あやか」のカテゴリーか、りゅんりゅん亭さんの製作講座等を参考にしてみて下さい。

普通カラーレジンキットには瞳デカールが付き物ですが、今回は時間の関係で作れませんでした。眼だけはお手数ですが塗装をお願いいたします。

RCベルグのカラーレジン 使用感など
今回使ったカラーレジンは前述のようにRCベルグさん製で、最初からA液に色が付いている製品です。
和美さんにちょうど使えそうな色が全部揃っていて、原型も最初から色の違う部分で分割できていたので、比較的楽にカラーに移行できました。

着色の方法は、A液を見てみたところ白は普通の無色透明、肌色は染料、赤・青・茶などは顔料で着色しているようです。顔料は沈殿するので、使用前に良くかき混ぜなければなりません。

硬化後の硬さや切削感は並行して使っていたHEI-CASTと余り違いは感じられませんでしたが、顔料系の色は若干柔らかく感じました。

RCベルグのレジンは普通のレジンが120秒タイプで、カラーレジンは硬化遅めの180秒タイプのみのようです。作業可能時間が長いのはいいのですが、完全硬化までも結構長くかかるので急ぎのときはもどかしく感じるかも。

トナーや着色料による着色法はこれまでもありましたが、混入する分量やキャストとの相性などは基本的に自己責任なので、これのようにキャストの段階で色が付いている製品は結構画期的な気がします。

特に赤・茶・青のように深い色もきっちり出てくれるのがありがたいです。

混色について
完成品を見てみると、もうちょっと色味を変えたいなぁと思うのですが、混色の方法はどこにも告知が無いので、あまったレジンで少し実験してみました。
color_test_20090727_00.jpg

手順は
1. A液を混ぜて、色の調整をする。
2. それにB液を混ぜて硬化させる。
3. 単色と同じように正常に硬化するか確認する

ちょっと悩んだのが、どの色のB液を使うか。各色のB液は別々に用意されていますが、全て透明で同じに見えます。
結局A液と同じ比率で混ぜたものと、青のB液のみの2通り試しましたがどちらも正常に硬化した様に見えます。

赤・青・茶・肌・白を混ぜて硬化させました。表面に発泡の痕跡が見られますが(多分水を汲んだコップを再利用したため)内部は正常です。顔料が沈殿しやすいせいか、底の方に青が溜まっています。
color_test_20090727_01.jpg

結論としては、何とかなりそうです。A液同士・B液同士のチャンポンは硬化に影響は無さそうです。

ただどうやって好みの色を作るかはある程度やってみないとわからない感じですね。
A液も白は無色透明、肌色は染料なのでプラカラーと同じというわけにはいかなそうです。

WF2009S終了

初のWF参加、無事終了しました。
お立ち寄りいただいた全ての皆様にお礼申し上げます。
WF2009S_00.jpg

新作の朝倉和美は、カラーレジンキットということで、仕上げは半日で何とかしました。
ライン消し&軸打ち&瞳描きだけの本当に最低限の処理ですが・・・。
kazumi_2009_0727_00.jpg
当日朝まで突貫で眼を書いてました。タミヤエナメルのブラウン一色でばばっと書いたので白目が無かったりします。
肩ヒモは白のゴム紐、首の継ぎ目を隠すために針金を首に巻いています。


それでは今回の成果発表~。
10個持ち込みで、9個売れました。これまでの3倍規模です。
時系列順に見ると

10:10 明日菜
10:40 明日菜
11:00 和美
13:00 明日菜
13:10 明日菜
14:10 和美
15:00 明日菜(完売)
16:00 和美
17:00 和美

一日かけてコンスタントに売れ続けているんですね。これがWF特有なのか今回特有なのかはわかりませんが、午前勝負と言われる小規模イベントから始めた自分にはちょっと驚きでした。

全体的に新作の朝倉和美より再販の明日菜の方が注目度が高かったんですが、色々要因はあると思いますが今後の課題(?)ですね。

いつもの明日菜の台座を忘れたので、和美さんの台座にやすりのあて板使ってました。この板は模型塾の1日目に貰った物です。
その時は自分が1年後この場に居ることを、全く想像できませんでしたねぇ・・・。
WF2009S_taku_00.jpg

WF告知&最終更新

7/26のワンフェスのご案内をいたします。

■ブースNo.
D10-07 なかはらワークショップ

■販売物

・1/8 朝倉和美 3,000円(カラーレジンキット 2体セット)
kazumi_partslist_00.jpg

販売は可能な状態ですが、まだ見本ができていません…


・1/8 神楽坂明日菜 3,000円(単色レジンキット)
こちらは以前販売したものと同じものです。カモ君つきます。
改修は間に合いませんでした。申し訳ありません。
DSC_0119.jpg

型の具合や時節柄、以前より若干バリ・気泡等増えてますので少し値段を下げました。

それでは、皆様よろしくお願いいたします。

朝倉和美7/24

和美さんの複製ほぼ完了しました。あとは見本作成と説明書などなど・・・
IMG_2971.jpgIMG_2972.jpgIMG_2973.jpg

完成写真&価格等はもうちょいお待ちください。

朝倉和美7/23

型の準備が整いました。これから流さんとするところです。
IMG_2966.jpg

今回使うレジンキャストはRCベルグ製のファインキャスト各色。
ネット注文(代引き)で20時間で届きました。超繁忙期のはずですが素晴らしい!
IMG_2967.jpg

色はA液に付いていますが、B液も各色ごとに専用のものが用意されています(同じに見えますが)。
180秒タイプなので今の季節にはちょうどいいかもしれません。
IMG_2968.jpg

ところで何故にカラーレジンを思い立ったかと言うと、偉い人が
「■カラーレジンなら半日で見本作れるよーヽ('A`)ノ」と言ってたのと、今出てるフィギュアマニアックス乙女組33で宮脇社長が「やれや!」と言ってたからです。

流しております。結果は待て次号!
IMG_2970.jpg

朝倉和美7/22

とりあえず全ての型を流し終わりました。
IMG_2963.jpg


三面型もできました。
IMG_2964.jpg

ブーツの型もできました。穴の奥がつま先です。
抜くときに足の甲の靴紐モールドが引っかかるのを無理に引き抜くので、破損しやすいかも知れません。
IMG_2965.jpg


明日にはテストショットに…入りたい!

朝倉和美7/21

粘土は使ってるうちに油が抜けてくるので、新鮮な部分と混ぜ合わせて復活させてます。
IMG_2954.jpg

ひたすら粘土埋め中です。諸事情により小さい型ばかりです。
IMG_2953.jpgIMG_2956.jpgIMG_2957.jpg


朝倉和美7/20

久々の三面型です。
自分で書いた記事を見ながらやってますがこんなんでよかったろうか…。

IMG_2949.jpg


ブーツは前回の埋め方だと上部に空気が残りがちだったので、今度はこの様に。
脛->かかとの流れにし、さらにつま先を下向けるために手前に傾けてます。

IMG_2950.jpg

再販の明日菜もパーツごとに複製に入ってます。でかいパーツを終わったところでレジンが切れました。
IMG_2951.jpg

朝倉和美7/19

和美さんに付属させる異素材やら展示用の台座やらを買ってきました。ハンズやらユザワヤやらを回っていたら一日作業に。
IMG_2943.jpg

今更ながら和美さん1の顔を直しました。顔の中心に変な影が出ていた部分の修正と、まつげをつけました(2と統一)。
IMG_2948.jpg

明日菜はまた削りすぎてレジン地が出てきてしまったのでポリパテ盛り直しです。あれ、明日菜ってどうやって造ったんだっけ?みたいな状態に。
IMG_2945.jpg

朝倉和美7/18

和美さんその2の表面処理が終わりました。これから粘土埋めです。
kazumi_02_20090719_00.jpg


なぜに今カラーレジンのコ~ナ~(最終回)
IMG_2932.jpg

レジン対応の着色剤のテストを行ってます。
世界堂で買ってきた新日本造形の樹脂カラーがいい感じです。マジックインキでは出せない青(中央)もキレイに出てくれました。でも茶色は無かった。

昨日の茶顔料のメーカーから出ていた茶染料(右)も試してみましたが、混ざり具合は悪くないんですがちょっと薄すぎる感じです。

朝倉和美7/17

開缶後のレジン缶は湿気を吸わない様に乾燥剤といっしょに袋に入れてます。でも効果は気休め程度かもしれません。
IMG_2925.jpg


ちょっと思うところがありまして、カラーレジンのテストをしています。

今回は茶色を色々試してみたくて、今まで使ったことの無いエポックのレジン用の顔料を買ってきて試してみました。
が、顔料を適量混ぜてもA液にうまく溶け込まず、いくらかきまぜてもダマが沈殿してしまいます。
IMG_2926.jpg

効果後はこんな感じに。見事に顔料が浮き出ています(左)。もうちょい顔料を増やしたら、発泡してしまいました。使い方が悪いんだろうか。
中はそれなりに染まってるんですが、ダマが浮き出るのでゴム型による量産にはちょっと使いにくい感じですね。
(追記:赤顔料で試したら、ここまでひどくはなりませんでした。茶は劣化してた?)
IMG_2927.jpg

右は比較用にマジックインキの補充液(茶が無かったので赤)で染めた物です。こちらは結構適当にやっても均等にまざってくれます。
やはりマジックインキ最強というか、染料系が使いやすいですかねぇ…。

模型塾

模型塾のblogで当blogを取り上げてくださったようで。
ありがとうございます。

申し込み受付中の第12シーズンに、ありがたいことにウチのblogをきっかけに申し込んで下さった方もいらしたようで、少しは恩返しになってるかなぁと感じてます。

模型塾blogから来られた人は「模型塾ってぶっちゃけどうよ?」というのが気になるところだと思いますが、結局は受講者実績が一番説得力を持つんじゃないかなぁと思いまして、このエントリで模型塾に申し込んでから今までの歩みみたいなものを延々と書いてきました。

すごく簡単に実績をまとめますと

彫刻や粘土造型が全く未経験の人間が、半年でなんとかイベントで売れるレベルのフィギュア原型を造れる様になりました。

DSC_0119.jpg

模型塾の授業で作った1/8神楽坂明日菜は、イベントで合計6個売れました。もっと造れていたらもっと売れたかもしれません。(複製技術が未熟で6個しか作れなかったんです…)
あと客観的な評価材料としては、フィギュアマニアックス乙女組33のイベントレポに掲載されました。

また、同期には同じく未経験者で、私よりもすごい物を完成させていた人も居ました。

結論だけいってしまうとそんな感じなんですが、これまでの歩み(?)は模型塾エントリの記事を遡ると見ることが出来ますので、興味のある方はぜひご覧下さい。

朝倉和美7/15

延々と表面処理が続きます。
IMG_2923.jpg

ところで、今までこういう奥まったところにパテ等を薄く延ばすのに、いい方法を思いつかなかったんですが、グルーアプリケーターのヘラ状のやつがなかなか使いやすいです。

IMG_2917_20090715222915.jpg
先端が曲がるので押し付けて伸ばすことができます。

短所は折れやすい事で、今まで瞬間接着剤の点付け用に、尖ったやつを良く使っては折っていたんですが、ヘラ状のヤツがそのたびに余って行くのでどうしようかと思っていたところでした。
IMG_2921.jpg

明日菜の顔は削っていたらえらい小さくなってしまったので、またポリパテ盛りなおしでリトライしてます。レジンをザクザク削って形を出すのは自分には難しかったようです。ええ。
IMG_2922.jpg

朝倉和美7/14

WFガイドブックに告知が載っておりますが、ちょっと変更があります。
IMG_2918.jpg
多分和美さんは安くなります。明日菜の方はどこまで改修できるかちょっと未確定です。
詳細はまた開催前にお知らせします。

和美さんの方は引き続き表面処理&顔の修正。そろそろサフを吹きたいところです。
IMG_2920_20090715013740.jpg

明日菜は顔を直したいので複製失敗パーツをベースに作り直してます。
レジンはポリパテとはだいぶ切削感が違いますね。ねばっこいというか。
IMG_2919.jpg

朝倉和美7/13

そういえば何も言わずに進めてたんですが、今造っているのはこの辺が元絵です。
akzumi_coat_00.jpgakzumi_coat_01.jpg
マントのようなコートのような服で、造っているのは両手を裾に入れてるポーズです。

顔はこれで。片目をつぶってるので簡単かと思ってましたが意外と似てくれません。
akzumi_up_00.jpg

胴体を表面処理中です。穴やキズにパテを詰めてますがなんか微グロ画像っぽく…。
akzumi_body_00.jpg

朝倉和美7/12 (WF卓番号 D10-07)

本日、ワンフェス2009[夏]最終参加案内が届きました。
これによるとウチの卓番号は D10-07 です。
WSCプレゼンテーションエリアのすぐ近くです。

あらかた形出しを終えたので、あとはパーツの干渉の調整と磨きです。
kazumi_20090712_00.jpg

朝倉和美7/11

今日は模型塾の第11シーズン目の打ち上げでした。
私は今期はフリー枠のみの参加でしたが、打ち上げにまぜていただきました。

今回は模型塾の初期の方も参加されていて、当時の話なんかもいろいろ聞かせていただきました。

横のつながりができやすいというか、模型塾で知り合った人たち同士がディーラー参加というパターンは、模型塾の歴史の中でも結構多いようでして。
それも必ずしも同期とは限らないというところがステキですね。


今日は突貫で服というか胴体を作りまして、模型塾で形状チェックをしてもらいました。
今は服の削りだしと全体のパーツ合わせなどやっております。
kazumi_20090711_00.jpg



朝倉和美7/10

朝倉和美さんの2体目を作り始めています。今回の商品は、何と2体セットで申請してあるのです(爆)
しかし、2体目はシンプルな構造なので数日で仕上がる予定です。
IMG_2902.jpg

トウペ ノンソルパテその後

和美さんの作業もひと段落付いたので、抜き損じのパーツといつものポリパテを使って追加パーツを作ろうとしたところ、買って2ヵ月もたってないハズのポリパテが劣化をはじめてました。
IMG_2900.jpg
缶に残ってる部分は既に固まって取り出せません。主剤の溶剤分がカチカチに固まってしまってます。

以前にも書きましたが、私が使っているポリパテのトウペ社のノンソルパテの最近のロットが不良品なんじゃないかという疑いがありまして。上の写真は新しく買いなおしたモノですが、またダメになりました。
IMG_2901.jpg
今年に入ってからくらいでしょうか?変になったのは。

ポリ製の容器に小分けしていた分も同じくダメになっておりました。容器の周辺から主剤がカチカチに固まっていきます。
IMG_2896.jpg
ぐにっと容器を曲げるとパリパリとカタマリが剥がれて快感なんですが、残ってる分もパサパサになって使い物にならなくなりつつあります。

一応スチレンモノマーを混ぜれば復活しますが、元のノンソルパテのように速い硬化はしなくなってしまいました。

アルミ缶の中で大量に固まられてしまうと処分に難儀するので、無事な部分だけ遮光ポリボトルに移しています。
IMG_2897.jpg

購入直後にダメになっていたことは無いので、開缶後から劣化が始まるんだと思いますが、今後も改善されないようだと他のパテに移行せざるを得ません。
模型塾の今シーズンは大丈夫だったんだろうか。これだと明らかに1シーズン(4ヵ月)もたないと思うんですが…。

朝倉和美7/8

WF実行委員会から、版権結果の報告書や振込用紙、版権元(講談社)への誓約書などが送られてきました。お疲れ様でございます。

7/10までに誓約書返送(必着)&入金手続きをしなければならなく、ほとんど期間が無いので昨日一通り手続きを済ませてきました。

また、WF実行委員会はこういう重要な書類でも、遅延や事故の発生しやすいメール便で送ってくるのでちょっと不安がありますね。

パーツのバリや欠損部分の修正などを簡単に行い、仮組しました。
複製による大きな変形や収縮等は無かったようで、わりとすんなり形になりました。
IMG_2892.jpgIMG_2891.jpg

パーティングラインの下にわずかですが微細気泡があったのがちょっと気になります。レジンが湿気を吸ったかも。
ここのところ湿気が高いので、もうちょっと複製と塗装は待った方がイイのかもしれません。



朝倉和美7/7

型ができたので、とりあえず申請数の半分ほど抜きました。
ダメだったパーツはハネてるんですが、前回の明日菜に比べて歩留まりが劇的に向上してます。
今回はでかいパーツが無いし、型も無理しなかったのが良かったのかもしれません。
IMG_2882.jpg

もったいないので検品でNGだったパーツで展示見本を作ってます。
欠損部分を復元するのが結構面倒なんですが、適当に復元すると見本と製品の形が違ってしまうので、出来るだけ元通りに復元するようにしてます。
ていうかもう一個キレイに抜きなおした方が早いんじゃないかという気も。
IMG_2884.jpg


朝倉和美7/6

和美さんの型が一通りできました。最終的にシリコン4~5kg位使ったでしょうか。
IMG_2879.jpg

先日作った型もわりと上手くいってる気がします。
IMG_2878.jpg

IMG_2881.jpg

全体的に通路を狭く(細く)取りすぎたせいで、レジンが全体に回るのに時間がかかる傾向がありました。途中で硬化が始まってしまう場面もあり・・・。
そういう場合は後から刃物で広げましたがこの辺の按配をまだつかみきれてません。

あとは注ぎ口のゲートでどのくらいの荷重をかければ型の上の方までまわってくれるかとか…。

一部気泡の抜けない箇所があるものの、容易に修正できると思われる箇所ばかりなのでこの型で複製を続行したいと思います。

朝倉和美7/5

今日は胴体パーツの型を作りました。
両手が斜め後ろに振れていて奥行きもあるパーツなので、色々考えた結果このような配置になりました。
IMG_2873.jpgIMG_2875.jpgIMG_2876.jpg

周辺に余裕を持たせた結果、かなりのサイズになりました。厚みもあるのでシリコンも相当量使うでしょう。

朝倉和美7/4

粘土に穴を穿つための棒です。5mm系と2mm系のものを自作しました。
IMG_2865.jpg

プラ棒の先端を丸く削って磨いただけですが、回転させながら押し込んで使う物なので、先端の精度が出てないと粘土に張り付きます。
こういう形状の棒が売ってたら最初からそれを使った方がいいかもしれません。


後ろ髪と小物、太もも周りを粘土埋めして片面を流しました。
IMG_2864.jpgIMG_2863.jpg

ジーンズの裾の凸凹モールドも無事抜けましたが、揺すれば抜けそうな気泡が裏側に1個入ったので、裾を下向きに配置すればより確実だったかも知れません。
IMG_2867.jpg

残るは上半身パーツだけですが、やや複雑な大物パーツ1個なのでそれなりに難儀しそうです。

朝倉和美7/3

複製作業に入ってから同じような日記が続いておりますが…。
作業自体は多分順調です。

今回は特殊な形状の失敗しやすいパーツが多いこともあって、パーツを2~3個に抑えた小さい型をたくさん作るような感じでやってます。

レジンを流す回数が増えるのと、シリコンをたくさん使うデメリットがありますが、大きい型のように配置やクランプ歪み等がシビアにならないのが良いです。

要は初心者向きというかそんな感じなんですが、そんなに沢山抜くわけでは無いのでこれで良いかなと。

頭部パーツ流しました。珍しく一発で成功です。
IMG_2808.jpg

薄物の上着もなんとか流れました。
IMG_2809.jpg

続いてジーンズを埋め中です。これも薄物で、裾の凸凹の部分が難しいかもしれません。
IMG_2807.jpg


朝倉和美7/2

造型村シリコンは柔らかく、普通のナイフだと刃から逃げるので、柔らかいものが得意なメス刃を使って修正してます。
IMG_2801.jpgIMG_2802.jpg

ブーツはベビーパウダーをまぶしたおかげか紐の部分もちゃんと流れてくれました。しかし斜めに傾けて埋めたせいで、パーツ上部で湯口に逃げない気泡ができたので修正中。
IMG_2805.jpg

頭部の型も固まったので、これから流してみます。
IMG_2806.jpg

上着(?)を埋め中。かなりの薄物ですがいったんレジンに置き換えてしまえれば加工の際も楽になります。
IMG_2804.jpg

朝倉和美7/1

昨日夜、版元様からの販売許可(朝倉和美、神楽坂明日菜)をいただけました。ありがたいことです。
これで大手を振って複製作業に入れます。

昨日のブーツの型ができました。やはりというか紐の部分がビリビリな感じになってるので、レジンを流す前に整えないとなりません。
IMG_2794.jpgIMG_2797.jpg

並行して頭部の複製もやっております。前髪なんかのトゲトゲ系は何度やっても難しいのですが、前回の明日菜よりは単純な形状なので、うまくいった気がします。この後シリコンを流しました。
IMG_2791.jpg

twitter
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

こーほく

Author:こーほく
イベントディーラー名は「なかはらワークショップ」です。
リンクフリーです。

月別アーカイブ
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。