スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オタク大賞R2 レポート

OR2_ticket_hanken_00.jpg

去る8/29にロフトプラスワンで開催されたトークライブ「オタク大賞R2」へ行って来ました。今回はその内容の中から、特に興味を引いた話などを簡単にまとめてみました。

わりとぶっちゃけて色々話しちゃうライブなんですが、その中でも比較的マイルドというかセーフティな部分をセレクトしています。ていうかトークライブの内容を議事録的にまとめて面白いのかという気もしてきましたが…。

オタク大賞の人も見ているはずなので、ヤバイところがあったらすいませんがゴルァして下さい。
大部分が意訳なので、意図を汲み間違えてる可能性もあります。

3時間強のライブで、第一部は3月~8月のオタ的トピックの振り返り、第二部は各業界のお金の話だったのですが、区別せずごっちゃにして書いてます。出演者の方の詳細は公式Blogでぜひ確認してみて下さい。

数値とかはあくまで「オタク大賞調べ」なので根拠は薄いという事にしておいてください。というか基本的にピンキリであります。

文を短くするために前提の説明とか一部はしょってますが、そういうモノだと思ってください。
どなたの発言かはわからないようにしてますが、専門的な内容でもその分野の人がしゃべった内容とは限りませんです。

お客さんは、20代、30代、40代以上でうまいことばらけてたようです。
ネタも旬な物からディープなモノまで色々、出演の皆さんとお客さんの一体感みたいなものもあり(あのスペースの距離感ならではですネ…)、終始笑いの耐えないライブでありました。
途中、かなり脱線というか話が盛り上り、時間も足りなく巻きが何度も入りました。

訃報が多かったり秋葉原の事件などもあった時期だったんですが、あんまり暗い方向に行き過ぎてもアレって事で、あまり深くはトークせず。

自分の感想みたいなものも書ければ良かったんですが、メモをまとめるだけで力尽きました…。
内容に興味のある方は以下をどうぞ。

[2008/08/31 21:50]
(今読み返したら、勿体付けすぎでアレな感じに見えたので少し直しました)

続きを読む»

スポンサーサイト

ていうか

WFから1ヵ月――
何もキットを作っていないじゃまいか。袋パックが多いですね。
tsumi_20080829_00.jpg


扇風機補足
補足というか、製作記の重要ポイントはカバーの作り方とモーターの扱いだけなので、羽根や本体なんかは何でもアリだと思います。

例えばこれは志那虎の親父がトチ狂って特訓のために作った真剣扇風機(こんなんでしたっけ?)。これが無ければS.R.Tも円月拳も生まれなかったのです。ていうか「リンかけ」読んでない人スミマセン。
shinkensennpuuki_00.jpgshinkensennpuuki_01.jpg

子供の居るところに絶対置いてはいけません!アッー!
shinkensennpuuki_02.jpg


イベント
ticket_20080829.jpg
模型塾さんとこで知ったオタク大賞R2に行きます。業界のお金の話が面白そう。念のため昨日前売り買って来ました。57人目。多いのか少ないのか。
ロフトプラスワンは10年ぶりくらいなんですが、漫画とかいっぱい置いてあって全然変わらない様子だったので安心しました。

キャラホビはアマディーラーさんの来る2日目だけ行ってきます。去年はディーラー卓がすごいスカスカ状態でしたが、今年はどうでしょう。

ミニチュア扇風機の作り方(その3)

WF参加マニュアル返金の件でコメントいただいたんですが、間違えて消しちゃったかもしれません。内容はメールでも届いてたので読みました。ありがとうございます。
中止時のマニュアルなら資料的価値が?とか思いつつ買った部分もあるので、今回は持っとこうと思います。

掲載情報
ModelGraphix10月号の、藤田幸久氏の連載「雑多えんたあていめんと。」で、ねこのひとまつりがレポートされています。
藤田幸久氏のイラストでのレポートなのですが、この中に完成品ブースのレポもあり、私の扇風機ねこさんとコースターねこさんも書いていただけました。小さなイラストですが、藤田センセに描いていただけただけで感無量であります。
senpuuki_03_61.jpg

間が空きましたが前回に引き続き、ミニチュア扇風機の作り方の最終回です。今回はプロペラや本体の作り方とか、モーターのハメ方などを。

続きを読む»

ミニチュア扇風機の作り方(その2)

昨日、フィギュアマニアックス乙女組28TECH GIAN10月号を買ってきました。

zassi_20080821_00.jpg
どちらももうWF特集を組んでます。早いですね~。発売日的にはフィギュマニの方が1日早いので最速なんですが。

しかしアマディーラーブースに関しては、フィギュマニはほぼ写真一覧のみ、TECH GIANはレビュー等も交え、ちゃんとした特集記事になっています。なので個人的にはTECH GIANの方に軍配を上げたい気分です。どちらもほぼ内容は美少女系のみですが…。

あと、重要な事にTECH GIANにはねこのひとの新作はもちろん、ねこのひとまつり完成品ブースの作品が掲載されています。この扇風機も写ってます(笑)。同じアングルで並んだ各作品は、なかなか壮観であります。(何作品か居ませんが…)
gian_nekonohitomatsuri_20080821_00.jpg

さて、以下は前回の続きです。カバーが出来たので、今回はモーターについて。あまりモデリングっぽい内容では無いかも…。

続きを読む»

コミケ74(2008夏)レポート(2日目) ちくわ・エスカレーター編

すみません、1日目と3日目はありません。他の編もありません。

田丸先生のラブやん本と密かにファンであるプリズマ大先生こと射尾卓弥先生(WSC#004)の高次元な本を入手せんと甲冑娘スペースへ参じたところ、あろうことかオ○ホールの頒布を行っておりました。
kacchuu_20080817_01.jpgkacchuu_20080817_00.jpg

さすがに生産数は絞ったらしく、購入権をくじ引き抽選にしていたようですが、私が着いた昼過ぎには既にくじ自体がありませんでした。
にもかかわらず当選者が取りに来ないのか、モノ自体はたくさん置いてあったのが哀愁を誘っていたようないないような。

パッケージイラストも秀逸(うたたね氏画)で、かつ本物らしいなんか中途半端に安っぽいデザイン。中身とか詳細は知る由も無かったのですが。「正気か?!企画・その壱」とありましたので、その弐、その参にも期待せざるを得ません。


エレベエスカレーター
件のエスカレーターは、バリケードに囲まれて完全に使用不能になっておりました。その他のエスカレーターも、1段あけて乗るよう注意書きがそこらにありまして(今までは無かった)。
esuca_20080817_00.jpgesuca_20080817_01.jpgesuca_20080817_02.jpg

かといって、エスカレーターに関しては従来より、過剰と思えるまでに慎重な運用をしていたコミケであるが故にか、大きな混乱などは無い模様でありましたが。

ミニチュア扇風機の作り方(その1)

先日のWF2008夏の、ねこのひとまつりで使用したミニチュア扇風機の作り方などを述べてみようと思います。
senpuuki_0817_00.jpg
WF終わってからというもの、何もキットを作っていないのでネタが無いと言うか。

なぜにコレを作ろうと思ったかと言うと、先日述べましたように、ねこのひとまつりでは商業原型師さんを始め、多くの上手な方々が参加されると言う前情報を聞いていたので、塗りや改造等で目立つのは難しいだろうと。

そこで、自分の得意(?)分野の、小物にモーター仕込めばそれなりのインパクトはあるだろうと。
ねこのひとと直接関係ない気もしたので、畳と合わせて夏風味なヴィネット仕立てに。
senpuuki_0817_01.jpg
実際の展示では目論見通りというか何と言うか、わりと注目を集めたようでした。

それでは、構想1週間、作業時間5時間の扇風機の作り方を書いてみます。

続きを読む»

TAT-CON05、模型塾出張版

TAT-CON05
東京都立産業貿易センターで行われたTAT-CON05に行って来ました。と言っても30分ほどしか居られなかったのですが。

例年のTAT-CONは4Fとかの上のほうのホールで開催されてた覚えがあるのですが、今回は見通しのよい2Fのホールで行われておりました。入場無料。案内パンフ類はなし(他サイト様のレポによると簡易な物が置いてあった模様)。
TAT05_map_00.jpg
販売を行っているディーラーさんよりも、ワンオフ品の展示だったりその場で何かを作るディーラーさんの比率が以前より上がっているような気がします。
「創りたいさん応援イベント」というイベントの趣旨にはむしろ合致している気もしますが。

以下、早足で見回りながらも目に付いたディーラーさんなど。

雲母堂本舗
工具や材料を扱われています。デザインナイフの柄にはめて使えるエッチング工具が便利そうだったので、いくつか買いました。
TAT05_unmodo_00.jpg

長太郎本舗
ニャンコタンク。砲塔が猫の頭になっております。店番の方は漫画の原稿を描いておられました…。
TAT05_chotaro_00.jpg

AIMAT!
製作中のオリジナル作品だそうです。何を撮っているのでしょう…。
TAT05_aimat_00.jpg

製作コーナー
毎度おなじみ、来場者が好きに物を作るコーナー。3~4卓にファンドやスカルピー、オーブン等が置いてあります。人が居ないのはこの時電動ファイトに集まっていたためです。
TAT05_seisaku_00.jpg

電動ファイト
クリカニでも行われております。一応ファイト中の光景(笑)。
TAT05_dendo_00.jpg

もえハンを作っている人
TAT05_moehan_00.jpg
りゅんりゅん亭のゲリョスS装備を、基本工具とガンダムマーカーだけで作っておりました。しかし下半身しか完成できなかった模様。

ここで時間切れ。さわたりさんのカラーレジン実演が始まるのを見届け、浜松町から秋葉原へ移動。
TAT05_hall_00.jpg


模型塾出張版
以前の日記で書いたように、秋葉原SuperModelersで行われた東海村原八氏の原型製作講座に参加してきました。
内容の詳細はSuperModelersのHPをどうぞ。

15:00になり、店内の作業ブースに東海村氏、受講者6人、進行役(?)の店員さんが入って講座開始。ブース内は土足厳禁なのか、靴を脱ぐよう言われました。

今回作るものはフィギュアの顔っていうか頭部分。材料は東海村氏の用意したトウペノンソルポリパテ。
流れとしては
1. 東海村氏が材料の特性など一通り最初に説明

2. 東海村氏がパテで作業のきりのいいところまで作例を作る。

3. 参加者が同じように作る。

4. 以降2.3の繰り返し。

顔の作り方は、覚えている範囲ではこんな感じでした。(5. 以降はかな~りあいまいです。間違ってるかも)
1. 紙の上にポリパテを盛って、頭の表面と裏面となるカタマリを作ります。(後で平らになってる側を貼り付けて頭にします。)この時、気持ち顔の部位の凹凸を意識して山を作ります。
2. 頭の表面側のパーツに顔の輪郭をマジックで描いて、その形にナイフやニッパー・布やすりで削りだす。
3. 同様に、裏面側のパーツを削りだす。
4. 同じような形に削れたら、瞬間接着剤で接着し、頭部パーツとする。
5. 大きく欠けてる部分があったら、パテを盛り足したり削ったりして顔っぽい感じにならす。
6. アゴから後頭部につながる斜面を削りだす。
7. 鉛筆等でガイドになる線を引き、目・鼻の凹凸を削りだす。
8. 耳や口を削りだす。

最終的に東海村氏は目や耳の作成、顔全体の面取り辺りまで行ってましたが、そこまでついて行けた人は多分1人くらい。

途中、作例を作りながら面の出し方や顔パーツのポジショニングなど重要な解説もしてたのですが、何せ短時間で説明していたので記憶もあいまいです。

受講者は6人で、当然作るスピードも違うわけですが、早い人は東海村氏の作業にかなり近いところまで行っておりました。

私は5あたりで終わってしまいました。最初に紙にポリパテを盛るときに変な形に固まってしまったのがまずかったです。モリモリと違って固まるのがえらい早いので、形を整えるかぁ!と思った時には既に固まり始めておりました。

で、最終的にこのようなものが(苦笑)
SM_Mokeijuku_00.jpg
まぁ~アレですね。やっぱり最初が肝心と言うことで…。

途中の質問コーナーでは、東海村氏が何日位で原型を仕上げるか、全身作成へのつなげ方などの質問(…だったと思う)が。

結局2時間半ほど講座ので、最後に片づけを行い、作業に使ったカッティングマットと当て木・自分の作った頭部をプレゼントしていただき、講座終了。
何気に立ち上がったらポリパテの粉塵で服が真っ黄色になってるのに気付きました…。あらら。

感想としては…手を動かして自分の手で何かができていくと言う実感は強く得られましたが、2時間で行うズブの素人向けの講座としては、詰め込みすぎの感が否めません。ただ細かいことは抜きにして、パテ造形の雰囲気を掴むには十分な内容であったと思いますが。

個人的には、集団でかつ短時間で作業するような形式は、どうしても自分だけが取り残されて進行を妨げてしまうんじゃないかという不安があります。

あまり理解力のある方ではないので、講座を十二分に活用するためには、同じ作業を前もってやっとくくらいの準備が必要なんじゃないかと思った次第であります。

以上!

WF2008夏 レポート ねこのひとまつり編

皆さんこんにちは。

WF2008Summerでのぐりむろっく!さんのブースはまさに「ねこのひと」一色でございまして、今回はその一角で行われていた「お客様完成品展示コーナー」の様子を中心にお送りします。

こちらはお客さんが完成させたキットを展示するために設けられたコーナーで、キット販売ブースの隣の1ブースを丸々使って行われておりました。

全体はこのような感じに。
WF2008S_nekonohitomatsuri_zentai_000.jpgWF2008S_nekonohitomatsuri_zentai_00.jpg

今回は、参加17名(申込数16)、作品数22作品と多くの参加があった模様です。

元は同じキットでありながら、皆さんそれぞれの個性あふれる完成品を展示しておられました。

ガレージキットは、設定資料のあるキャラでも組む人によって個性は出たりしますが、設定自体緩やかな「ねこのひと」ですので、積極的に自分流にアレンジをしてみたいという方も多いのですね。今回は色々な作品を見ることができ、非常に勉強になりました。

受付No.01の方から順に写真を掲載していきます。本名で申込されていた方はイニシャルで表記します。私のいらん感想・解説つき。

ピンボケたりベストアングルで撮れてない写真が多いですので、後述の他のサイトさんの写真もぜひご覧になって下さい。

続きを読む»

WF2008夏 ディーラー編 ミニレポート

今回気になったディーラーさんのレポなどを。

CASTER EB
野望の墓場さんの武装神姫サイズのツッコミアイテム群。
WF2008S_yabonohakaba_SteelItems_00.jpg
今回の新作は「歴戦の一斗缶」「金だらい&洗濯板」。一斗缶は汎用性高そうですね。

ADvent
ジオラマらき☆すた こなたの部屋
WF2008S_advent_konatanoheya_01.jpg
WF版ノーバディ。
WF2008S_advent_nobody_01.jpg

こちらのディーラーさんは複製とか前提にしてないと思われるチャレンジングなアイテムを見せていただけるので、ある意味貴重な存在というか。

onz
谷かおる。冬も撮ったけどまた撮っちゃったよー。
WF2008S_onz_tanikaoru_00.jpgWF2008S_onz_tanikaoru_01.jpg

張り子とロケット屋
「猫がプラモをぐちゃぐちゃに!」箱のひしゃげ具合がナイス。箱に貼るデカール付き。
WF2008S_harikotoRocket_00.jpg

小松菜ハウス
モックアップpro68k
WF2008S_komatsuna_pro68k_00.jpg
往年の名機、X68000の1/6ミニチュアです。本体部分のみ。天井のギザギザとかスイッチ部とか、特徴的な部分がちゃんと再現してあります。私はユーザーじゃなかったですが、友人が何人か持ってました。思わずLEDとかフロッピー排出機構とか仕込みたくなります(無理だから…)

スピッツら
WF2008S_komatsuna_spitzra_00.jpg
カップ一杯で500円。ガレージキットスピッツに満ちてくる不思議アイテムです。

TUNED BRADE
ベルセルクから、ドラゴン殺し。
WF2008_TUNEDBRADE_00.jpg
離れないと全部入らないのです(離れすぎだろ)

Swing-Neck-Breaker
キャップオープナー。黄金のスケベイスとしても使えます。
WF2008S_SNB_CapOpener_00.jpg

ROUND FACER
モンスターハンターポータブル2ndより
モン娘。ひーらー
WF2008S_ROUNDFACER_mon_healer_00.jpgWF2008S_ROUNDFACER_mon_healer_01.jpg
モン娘。すてぃーる
WF2008S_ROUNDFACER_mon_steal_00.jpgWF2008S_ROUNDFACER_mon_steal_01.jpg
本来リアル等身のキャラを可愛くデフォルメするシリーズ。ディテールも細かく、作りがいがあります。
後ろの人のモンハン愛が伝わってくるようです。

らくがき塗料箱
WF2008S_rakutoryo_nadesikosan_00.jpgWF2008S_rakutoryo_nadesikosan_01.jpg
いわた氏の新作「撫子さん」。シャドウやつや調整が抑え目なのも、形状のみで和服のシワを表現する試みの一環なのかしらん。考えすぎか。

ヒソカ
Quartett!より「シャルロット」
WF2008S_hisoka_00.jpg
頭のてっぺんから足元まで「ヴァイオリン構えた人」のスタイルがかっこよく出ていると思います。詳しいわけじゃありませんが。弦もちゃんと張ってありますね。

野良猫工房
ゼーガペインより「ミサキ シズノ(浴衣Ver)」
WF2008S_noranekokoubo_suzuno_00.jpg
浴衣の白キキョウのマスキングシートが付属するそう。

タキ・コーポレーション
一騎当千より「呂布奉先」
WF2008S_taki_ryofu.jpg
むき出しのワックス原型が置いてあったので、珍しいので撮ってみました。ところでタマ姉の浴衣Verは発売中止ですか?待ってます。

くろうさ亭
coffee shopさんの「ポプリクラブ2007年9月号ピンナップ」
WF2008S_kurousatei_popurigirl_00.jpg

WHFコンテスト等に発表しつつ地道に改修を続けられ、今回発売にいたっておりました。

シュガー ファクトリー
神様家族より「テンコ」
WF2008S_shugarfactory_tenko_00.jpg

表情がいいです。パンツ丸見えですが…。

まるちしんく
THE IDOL M@STERより「星井美希・天海春香」
WF2008S_multisync_00.jpg
ファミソン8BIT☆アイドルマスター」というCDジャケット絵からの立体化。本絵は結構デフォルメが効いてて立体化難しそうだなぁとか思ってたんですが普通に違和感無く作っておられました。

オリジナルキット「あいちゅきゃんでー」
WF2008S_multisync_01.jpg
キットと言いつつ完成品です。すべて手作りで、目はデカールだとか。こういうのって他人様の塗りがそのまま手元にくるわけで、貴重な塗装の参考資料になるよなぁとか思ったり。

カポネ団
木造迷宮より「ヤイさん」
WF2008S_kaponedan_yaisan_00.jpg
マイナー誌コミックリュウよりまさかの立体化。

電ねこ団
L.M.U-23さん経由で爆笑宣言さん ノンスケール 「やる夫」「やらない夫」
WF2008S_dennneko_00.jpg
机の上のラ●ちゃんがヤバイ!w

Sisio Craft
ラムネより「佐倉 裕美」
WF2008S_SisioCraft_00.jpgWF2008S_SisioCraft_01.jpg
今回の個人的MVPです。フルでスポークを再現している自転車キットは初めて見ました。
スポークもレジン製で、パーツ複製は真空注型。女の子の左足に自重を向けて、スポークへの加重を逃がしているそう。
ちゃんとハンドルを両手で握って腰を下ろし、ペダルに足を乗せるのって、調整がかなり大変だったんじゃなかろうか。
ブレーキワイヤーも張ってありますし、カゴ等の各種ママチャリ的ディテールもしっかり再現されているように見えます。
WF2008S_SisioCraft_02.jpgWF2008S_SisioCraft_03.jpg
キットは売り切れだったので、廃棄予定の車輪パーツを頂いてきました。バリはあるものの、スポーク自体はしっかり抜けています。スポークの数が少ないのは、ホイール部分が両面張り合わせのような2パーツ構造なためです(説明しづらい…)
WF2008S_SisioCraft_04.jpg
比較とかするのも野暮ですが、ある意味clipsコードライナーと対照的だなと。あちらは3Dデータ->MODELA->塗装で新品の金属パーツを再現してスタイリッシュを極めてますが、こちらは真鍮線をひねりつつあくまで手作業で試行錯誤を繰り返し、作品設定どおりの生活感あふれるママチャリの再現に果敢にチャレンジしておられます。

M★POWER
ふじたゆきひさ氏がこれまで描いたガレージキットの取説が展示されていました。バインダー5個以上あってビビりました。

以上です。企業ブースは今回ほとんど回れませんでした。

WF当日 ダイジェスト版(扇風機分多目)

WF2008Summer、お疲れ様でした。
WF当日の行動を徒然なるがままにご報告します。レポというか、以前からのネタの報告なども兼ねて。

・朝の7:00までねこのひとまつり用のミニチュア扇風機を作る。
senpuuki_20080804_00.jpgsenpuuki_20080804_01.jpg

・9:30まで仮眠。
・10:30出発
・11:30 国際展示場駅到着。まだ一つ目の橋まで行列が伸びていたので、最後列に並ぶ。
touchaku_20080804_00.jpg

・12時ごろ 外の階段を登り西館4Fから入場。
ぐりむろっく!さんのブースで新作を購入して、ねこのひとまつりのスペースに2体展示させていただく。
私は12番でしたが、最終的に15人以上の方が参加された模様。
nekonohitomatsuri_ticket_00.jpgnekonohitomatsuri_sentai_00.jpg

チェリーブロッサムさんHPで告知されていた、イサコの上着パーツを受け取る。
・ねこのひとまつりスペースに戻ると、扇風機が倒れていたので固定しなおす。回転の振動に長時間耐えられない模様。
nekonohitomatsuri_taore_00.jpg

・Bブロックを半分くらいまわって、心配なのでねこのひとまつりスペースに戻る
・扇風機が倒れていたので、みっともないが手持ちのマスキングテープでしっかり固定する。
・Bブロックを全部まわり、心配なのでねこのひとまつりスペースへ戻る。
・扇風機が倒れていたので、かわにしけんさんに両面テープをお借りしてしっかり固定する。(ホント、すいません…)
・Aブロックへ行き、コタツガさんのスペースへご挨拶に。ご本人がいなかったので、ブースの方と少しお話して新作を購入。
・心配なのでねこのひとまつりスペースに戻り、扇風機が倒れていないのを確認してAブロックを回る。
・Aブロック端の83℃さんへ行き、混んでたので挨拶は後にし、先日お手伝いしたプチ凶華様がバッチリ展示されてることを確認。
WF2008S_83degree_01.jpg

・扇風機は大丈夫そうなので、1FのCブロックへ移動。
ROUND FACERさんにご挨拶し、新作を購入。サンプル提出分の滅多に見れない高瀬とうやさん塗装Verをじっくり見たり写真を撮ったり。
WF2008S_ROUNDFACER_00.jpg

・WFに来た気分になるために、TUNED BRADEさんのドラゴン殺しを見に行く。
さくらNRCさんにブース内に入れてもらい、なかがわさんと3x3x3ののbさんと当日や今後の事などを色々お話しする。ここでエスカレーター事故のことを初めて知らされる。
・D・Eブロックを回り、ふとある事を思い出してMFLOG02を買うために4Fに移動。
・MFLOGブースでMFLOG02を購入して1Fに戻り、ROUND FACERさんにMFLOG02を半ば強引に差し上げるなどして布教活動(ぉ。
・企業ブースを少し回り、また4Fに移動。
・専務の館内放送を、2000年のリセット宣言時と同様のミョーな緊張感の中拝聴。2000年の時は女性アナウンスでしたが。
83℃の八海さんにご挨拶。どれが私の塗ったプチ凶華様か教えていただく。おおお、いますいます。今後も展示に使われるようで、さらに人数が増えるとか増えないとか。
・某ディーラーさんの作品を買おうと思い、聞くと1個だけあるとの事。一回完売したけど「作れないのでやっぱり返します」パターンでさっき返品されたとか。
ぐりむろっく!さんでねこのひとを回収。扇風機が好評だったとの事。ありがとうございました。次の機会がありましたらまた参加したいです。
・閉会のアナウンス。出もしないのに次回の参加申込マニュアルを購入。次回開催は未定になっても一応売ってました。
・なんかすごく疲れたので、4Fのテラスで日が落ちるまでぐったり。1Fや外は暑すぎました。
WF2008S_tesshu_00.jpg

ここ1年ほどでありがたいことに色々なディーラーさんと交流させていただいてるわけですが、それに影響されてかイベントへの接し方や考え方が色々変化しているのを実感しています。

ディーラーさんの写真レポや、ねこのひとまつり、扇風機などの詳細は後日別エントリで上げたいと思います。

ねこのひと(立)完成

ぐりむろっく!さんの「ねこのひと(立)」完成しました。

nekonohitotati_kansei_shomen00.jpgnekonohitotati_kansei_shomen01.jpgnekonohitotati_kansei_usiro00.jpgnekonohitotati_kansei_usiro01.jpg

外人少女っぽく・・・?

使用色はこのような感じです。
目のライン等 -> タミヤエナメル レッドブラウン
右目 -> タミヤエナメル クリアーイエロー
左目 -> タミヤエナメル クリアーブルー
舌・爪 -> タミヤエナメル ホワイト+クリアーレッド 7:3
パンツ -> クレオス クールホワイト + モウリーグリーン 8:2

というわけで、この2体で「ぐりむろっく!」さんの「ねこのひとまつり」に参加します。
他の参加者の方、どうぞお手柔らかに…。
nekonohitonetati_kansei_00.jpg


(座)はどうしたかって?
いやいや、ねこのひとまつり2用に温存ですよ(あるのか?)。

twitter
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

こーほく

Author:こーほく
イベントディーラー名は「なかはらワークショップ」です。
リンクフリーです。

月別アーカイブ
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。