スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

でんすけ 各部デカール

でんすけの各部に使用したデカールの材料や、作成方法についてなぞお話したいと思います。すいません、長いです。

材料など
・デカールシート K-TRADING社 インクジェットプリンター用MIRACLE DECAL(クリア、ホワイト) + ベーススプレー
・プリンタ HP社 Deskjet930c
・その他 GSIクレオス社 マークセッター、マークソフター
densule_decal_printer.jpg

作成方法
各部分によって異なりますが、共通する手順は以下のような感じになります。
1. 印刷データを作成(絵を紙カタログ等からスキャン、CGデータをダウンロード、画像ソフトで自作するなど)
2. コピー用紙に印刷してみて、だいたいの色や大きさを確認する。おかしければデータや印刷設定を調節する。
3. デカール用紙へ印刷して、色や大きさを確認する。まだおかしければデータや印刷設定を調節する。
4. ホコリの着かない場所に1時間程度放置して乾燥させる。
5. ラッカークリアーをデカールに吹いて、印刷面をコーティングする。
6. ホコリの着かない場所に1時間程度放置して乾燥させる。

あとは普通のデカールと同様に、各部へ貼り付けます。

スケボー
densuke_sukebo_decal_org.jpg

文字はWindowsのフォントArial Blackを太字・斜体で使用。メメちゃんのイラストは公式のものを使用しました。金色のリベットは、デカールの上から「貼ってはがせるのり」でくっつけてます。

バッグ
densuke_bag_decal.jpg

ホワイトのデカールシートに、RolandのカタログからスキャンしたRolandロゴと鍵盤マークを印刷。持ち手には、レッド・ツェッペリンを表すマークをWikipediaから貰ってきて印刷。

バッグ裏側
densuke_bag_ura_decal.jpg

こちらのフリーフォントのサイトから適当に物色した「Dark Crystal Outline」フォントで、Densukeと書いてホワイトデカールシートへ印刷しました。

ヘッドホン
headphoneUp.jpg

オーディオテクニカのサイトからロゴをダウンロードして、その上下にMSゴシックで適当に文字を付け加えました。肉眼では読み取れませんね・・・。でも何か書いてある感じが出てれば良かったのでこれでOK。


densuke_mune_decal.jpgdensule_decal_zep00.jpg

レッド・ツェッペリンのアルバムのイラストを某通販サイトから持ってきて印刷しました。おっぱいの谷間に密着させるのに、マークソフターを使いました。布地と同じに横に伸びてる感じが出れば良かったんですが、シワになってしまいました。ちょっと失敗。

背中
densuke_senaka_decal.jpgdensule_decal_zep01.jpg

ツェッペリンのイラストを某通販サイトから持ってきて白デカールシートへ印刷。実物の革ジャンでも背中に四角く絵が描いてあるのがよくあるので、四角いイラストにしました。印刷もかすれずでてキレイに貼れたと思うのですが、厚みが目立っちゃってますね。

下着
densuke_pantsu_decal.jpgdensule_onpu_cup.jpg

音符など、音楽っぽいマークを適当にちりばめて貼ってあります。ちょうど複製に使った紙コップにそんな模様があったので、スキャンして流用させてもらいました。縫い目に合わせて模様をカットして貼ると、それっぽくなります(何が?)


densuke_me_decal.jpgdensuke_me_up_decal.jpg

フリーの画像ソフトInkscapeで描いて印刷しました。描いたといっても、楕円のアンカーポイントをいじって目の枠に合う様に変形し、内部を青のグラデーション機能で塗った上から、瞳孔やハイライト(ただの楕円)を乗せただけです。

インクジェットで白いデカールを作成するには
普通のインクジェットプリンタでは白インクが無いので、白を印刷しようとすると透明になります。というか印刷用紙が白であることが前提なわけですね。模型の下地はどんな色でもありなので、白デカールを印刷するには白インクが必要になるわけですが、現在はMDプリンタでしか白は対応していません。

そこで、インクジェットで白に対応すべく、白地のデカールシートが発売されました。ですがこれはたんなる白いシートで、具体的にどう印刷すればデカールとして使えるものを作れるのかは、購入者の考え方に任されています。

例えば「ABCD」という白文字のデカールを作りたい場合、考えられる方法としては、
A.「ABCD」という4文字をハサミやカッターでキレイに切り抜き、貼り付ける。
B.貼り付ける面と同じ色で塗りつぶした四角を描き、その上から白で「ABCD」と書き、印刷する。

A.の方法はキレイに切り抜くのが極めて難しく、貼る時の各文字ごとに位置あわせが必要なので、既にデカールの意味がありません。B.なら何とかなりそうです。今回はこの方法を使いました。
(この他にいい方法をご存知の方、ぜひ教えてください)

とは言うものの、貼り付ける面と同じ色を正確に印刷するのは難しいです。
私の場合は、塗装した物をスキャナやデジカメで取り込み、その色を元に画像ソフトでの微調整を行います。といってもやる事は 試しに印刷 -> 違ったらまた微調整 の地道な作業の繰り返し。さらに、白デカールシートといえど下地色の影響は受けるので、最終的には貼ってみないとわかりません。
なので私は、適当なところで切り上げます。遠めには分からない程度に(ぉ

この方法も万能ではなく、例えばチェック模様など複雑な下地だったりすると対応は難しいです。でんすけの場合は下地が全部黒だったので、何とかなりました。

濃く印刷をするとそれだけクリアーでのコートも厚くなるので、境目が厚みで目立っちゃってるのが多いですね。Rolandマークとか。そういえば社名ロゴとか既存のマークは使用許可がいるのかな…今回はコンテストだったので全然気にしませんでしたが。

ガイアノーツの新商品
先日のホビコン02東京で、白にも対応したデカールを作成するための商品のプロモーションを行ってました。と言ってもブースには、印刷したデカールがはってあるスペアボトルと簡単な説明が置いてあるだけで、どういう商品なのかはよくわかりませんでした。白シートと透明シートを使い分けてデカールを作成するもののようでしたが。
勝手な予想だと、特殊なシートや塗料などのマテリアル、デカールを簡単に描ける画像ソフトやプリンタドライバ、またはテプラのような専用ハードウェアとかそんなんでしょうか。

スポンサーサイト

でんすけ、完成!

まるや工房さんの電動スケートボード娘(でんすけ)完成という事で、一通り撮影しました。
デカールや台座等の製作については、ちょっと長くなるので後日書きたいと思います。

いろんな方向から。
densuke_HCVer_00.jpgdensuke_HCVer_01.jpgdensuke_HCVer_02.jpgdensuke_HCVer_03.jpgdensuke_HCVer_04.jpgdensuke_HCVer_05.jpgdensuke_HCVer_06.jpg


バッグ、スケボー、ヘッドホンを外した所です。
densuke_HCVer_07.jpg


スケボーです。足で見えない部分はこんな模様でした。
densuke_HCVer_08.jpg


台座です。フィギュアがヴィネット風なので、ちょっと工夫しました。
densuke_HCVer_09.jpg


HOBBY COMPLEX02-東京 モデルギャザリング

HOBBY COMPLEX02-東京へ行ってまいりました。今回もコンテストのみでディーラーさんのブースは撮ってませんので、そちらを見たい方はとあるひのコタツガさん(毎度お世話になります)の右側のリンク集から辿って下さい。
HC02_tate.jpg

モデルギャザリングはHOBBY COMPLEX(以下HC)内で行われている模型コンテストで、基本的にWHFで行われているコンテストとほぼ同じ開催形態のようです。当ページでも、WHFのコンテストと同様な感じでレポートしていきたいと思います。

それでも、モデルギャザリングとWHFコンテストでは若干違う部分も有りました。気づいたところでは
・作品の所に置く紙に、出品者名を書きません。HCへ渡す申込書の方へ必ず本名を記入する事になっています。
・作品の所に置く紙に、自分の1番前(例えば自分がNo.7ならNo.6)の感想を書きます。書かなくても良い様です。No.1の人は未記入でOK。

今回は10作品のエントリーがありました。新興イベントだからか作品数は少なめですが、今後増えていくといいですね。01神戸もこのくらいの規模だったんでしょうか?

では、入賞作品、その他のエントリー作品の順に見て行きましょう。

第1位 エントリーNo.07 でんすけ
HC02_07_model.jpgHC02_07_sheet.jpg

私の作品です。投票してくださった皆さん、まるや工房さん、ありがとうございました。絵・文字・瞳は全部デカールです。背中やヘッドホンにも貼ってあります。フラッシュのせいもありますが、肌色が薄すぎました。ほとんど真っ白。むう。私への投票用紙を貰おうと思ったのですが、用意できなかったようでいただけませんでした。残念。

第2位 エントリーNo.08 ネギ型MMS「ネギラーフ」
HC02_08_model.jpgHC02_08_sheet.jpg
緑のグラデーションが綺麗ですね(私にはムリ)。題材のチョイスもタイムリーですな。

第3位 エントリーNo.04 ジョジョの奇妙なリボルテック
HC02_04_model.jpgHC02_04_sheet.jpg

手前の女性が空条徐倫(ジョリーン)、奥は彼女のスタンド「ストーン・フリー」です。リアル系キャラもスタンドも相変わらずキマってます。ディスプレイやポージングもちゃんと考えられておりますね。殺風景な会議卓の上もたちまちバトルフィールドに!今回、私はこちらに投票しました。

第4位 エントリーNo.10 TAT企画作品
HC02_10_model.jpgHC02_10_sheet.jpg

会場内のTATコンの出張所(B01-04)で作成されたキャラたちだそうです。間違いなく全作品中、最短の完成時間でしょう。左はスコープドッグ、右ははちゅねでしょうか。中央は知らないキャラですすいません。

第5位 エントリーNo.01 涼宮ハルヒ
HC02_01_model.jpgHC02_01_sheet.jpg

発色、全体の色のバランス、艶加減などうまくまとまっておられると思います。私が苦手とする部分なので羨ましいです。

そのほかの作品
エントリーNo.02 6日目の産物
HC02_02_model.jpgHC02_02_sheet.jpg


エントリーNo.03 フルアクション マリンカイザー
HC02_03_model.jpgHC02_03_sheet.jpg


エントリーNo.05 はるか
HC02_05_model.jpgHC02_05_sheet.jpg


エントリーNo.06 帝国軍人 1935
HC02_06_model.jpgHC02_06_sheet.jpg


エントリーNo.09 デスウォーカー
HC02_09_model.jpgHC02_09_sheet.jpg


以上です。参加者の皆さん、お疲れ様でございました。見てくださった方々も、ありがとうございました。

賞品など
1位の賞品は、satellite toolsからタイラー5種類とペイントベース、ガイアノーツからエプロンでした。
HC02_shohin_1126.jpg

盾です。
densukeandshield.jpg


その他
WHFでは投票が13時~、発表は15時でしたが、今回のHCでは投票が(確か)14時~、発表は16時でした。WHFでも遅いと思っていたんですが、さらに遅くなってます(笑)。この時間だとかなりの来場者が帰った後のような気が。出品者の拘束時間も伸びるわけですし、意図は分かりませんが、あんまり良い傾向とは思えません。

CDリクエスト
今回はCDリクエストがあったので、CDを持っていきました。バグルス「ラジオスターの悲劇」、オリビア・ニュートンジョン「ザナドゥ」「フィジカル」(古っ!)。14時ごろ申し込んだのですが、リクエストが切れていたらしく。そのままオリビアをかけっぱなしにしてたようで一緒に入ってた「ジョリーン(!)」も流れました。
HC02_CD_1126.jpg


一応17:00の閉会までいましたが、16:30位にはかなりの数のディーラーさんが撤収しておりました。この時間だともう真っ暗ですなぁ。
HC02_bigsight_1125_17.jpg

皆さまお疲れ様でした。

[2007.11.27 0:30]
作品コメントを追記、賞品以降を追記

デカール

予備も含めて、デカールの印刷が終りました。どこに貼るつもりなんでしょう…。
densuke_decal_1123.jpg


パツキン

でんすけさん、一通り塗装が終りました。あとはブーツ周りのウェザリングとデカール作成と台座がのこってます。
densuke_allparts_1122.jpg


ヘアーメイクセット
hairmakeset_1122.jpg

先月のWHF神戸27で購入したガイアノーツのヘアーメイクセットで、でんすけの髪を塗ってみました。商品構成は公式を見ていただくとして、塗装手順は、

つや消しパールホワイトで全体を塗装

ブロンドベース(クリアのブロンド色)を濃淡をつけつつ吹いていく。

ブロンドシャドウ(クリアのブロンド影色)で、さらに濃くしたい部分を吹く。

と言う様にやるよう説明書に書いてあったので、そのようにしてみました。クリアのブロンド色をパールの上に吹いてキラキラを浮き立たせるわけですね。

今回は私がクリア色に慣れて無いせいもあって、ムラ無く軽く濃淡を付けるので精一杯でした。シャドーは今回使ってませんが、ベースを厚塗りするとヌメッとした感じになるので、そういうときにサッと吹くのがいいのかもしれません。説明書にも書いてありましたが、やはりそれなりのブラシテクが必要なようです。

一応ブロンドの外人少女をイメージしてたのですが、革ジャンもあいまってヤンキーの姉ちゃんっぽくなりました。もっと細かく濃淡付けないと雰囲気が出ないかなぁ。

マスキング、エキスパートナイフ

進捗がちょっと中途半端なので、私のやってるマスキング手順なんぞを、ブーツのバックルを例にして写真で説明してみたいと思います。

まず、塗りたい部分(バックル)を縁取るように、極細マスキングテープ(ここではAIZU0.4mm)を貼っていきます。
densuke_boots_mask_00.jpg

縁が終ったら、バックル内側や周りも貼り広げていきます。
densuke_boots_mask_01.jpgdensuke_boots_mask_02.jpg

だいたい貼り終えたので、スーパーアイアンを吹きました。
densuke_boots_mask_03.jpg

剥がすとこんな感じです。ちょっと銀がはみ出てますね。この後筆でリタッチしたり、ナイフの先ではみ出た部分をそぎ落としたりします。ちなみにリベット(かかとの丸い部分)もついでにマスキングしています。こちらはポンチでテープに穴を空けてます。
densuke_boots_mask_04.jpg


エキスパートナイフ
某サイトで使ってるのを見て、試してみたくなったエキスパートナイフを購入しました。これまではOLFAのアートナイフプロをずっと丸刃で使っていたのですが、刃がでかすぎて入り組んだ部分ではちょっと使いづらかったのです。
expertknife_00_1119.jpg

スターターキットには持ち手と、刃が3種類(直刃、鎌首型刃、丸刃)が2枚づつ付いてくるのですが、この小さいサイズの丸刃が使いたくて今回購入しました。使い勝手はわりと良好です。切れ味はアートナイフプロと同じくらいですが、小さいので取り回しがしやすいです。慣れれば貼り付けたマスキングテープの切り出しとかもできそうです。私の場合、平たい持ち手の方が丸いのより手になじむ気がします。お値段は里美価格で2,000円強。持ち手がステンレス&ドイツ製だとかで、結構しました。
expertknife_01_1119.jpg

似たような製品が、FEATHERからも500円くらいで出ています。写真中央の黒い奴です。こちらは形は似ていますが使い勝手がかなり違います。ナイフと言うよりカミソリで、切れすぎるのです。ちょっと触っただけで傷つく感じです。刃が薄すぎてぺらぺらしてるせいもあって、鉄定規等のガイドを使っても変な方向に曲がるジャジャ馬です。あんまりオススメしません。貝印からほぼ同じ製品がディスポのメスとして出ていますが、こちらも見た目同じような感じでした。

生きております

しばらくiTMSにハマっておりました。主に古いMusicを中心に検索していたらあっという間に時間が過ぎる~。
全てのアーティストの曲が揃ってるわけではないんですが、検索して、ボタン一つでダウンロードしてすぐ聴けるというのが病み付きになりまして。気軽に買えるだけに次回のカード請求がコワイわけですが。

でんすけは、小物関係を塗っておりました。
Densuke_komono_1014.jpg

色は
ヘッドホン(黒部分) -> タイヤブラック
ヘッドホン(銀部分) -> スーパーファインシルバー
ケータイ(本体) -> フィニッシャーズ ファウンデーションピンク
ケータイ(取っ手) -> フィニッシャーズ ファウンデーションホワイト
ベルト(本体) -> フィニッシャーズ ファウンデーションホワイト
ベルト(ホルダー) -> タイヤブラック
ベルト(ホルダー金具) -> スーパーアイアン
ベルト(バックル) -> スーパーゴールド
スケボー(表面) -> フィニッシャーズ ファウンデーションホワイト
スケボー(トラック) -> スーパーアイアン
スケボー(モーター部) -> スーパーゴールド
スケボー(コントローラー) -> スカイブルー

スケボーの表面はデカールを貼る予定なので、真っ白にしてあります。また、もともと↓の様にリベットの突起があったのですが、切り取って平らにしました。デカール貼った後にまたリベットパーツを置く予定なので、目印は残してあります。
densuke_board_org_1008.jpg

リベットは金属製の本物を用意できればリアルで良かったのですが、同じ形状&サイズの物がなかったので、モノアイのパーツ(?)で代用することにしました。これを金属色で塗装してデカールの上からくっつけます。
ribet_parts_1008.jpg


キーボードを入れるショルダーバッグです。
densuke_bag_1014.jpg

色は
バッグ(表面) -> タイヤブラックを濃い目で砂吹き。
バッグ(枠) -> フィニッシャーズ ファウンデーションピンク
ショルダー持ち手(表部分) -> ブラウンFS30219
ショルダー持ち手(裏部分) -> ダークアース
ショルダー持ち手(金具) -> スーパーアイアン

バッグの枠線を筆でリタッチしたら、案の定ガタついてしまいました。テープマスキングでビシッと決めたかったのですが、モールド自体も多少ヨロヨロしていたので諦めました。

現状など

でんすけさん
久々のUPですが、現状こんな感じです。ヘッドホンやバッグはほぼ手付かずです。ライダースジャケット、ツヤが有りすぎですね。
densuke_tochuu_1106.jpg

使用色はこんな感じです。
肌 -> ガイア Ex-フレッシュ
ノースリーブ -> キャラクターホワイト
ジャケット表地 -> スーパーブラック
ジャケット裏地 -> フィニッシャーズ ファウンデーションホワイト、ファウンデーションゲレー、タイヤブラックの組み合わせのタータンチェック。
ブーツ -> タイヤブラック
スケボー デッキ -> ウッドブラウン タン
スケボー 中央鉄板部分 -> セミグロスブラック
スケボー トラック部 -> スーパーアイアン

今日の買い物
フィギュアマニアックス 25

fugumani_25.jpg

今回からWF開催に合わせた内容(というか全部WF特集)になってますね。完成品は無く全てWFのガレキの紹介。個人的にはこっちの方が今までよりいいですね。よつばとふーかも、会場での写真が小さくですが載っていました。

クレイズ萌え~ろ祭り2007(秋葉原)

クレイズ萌え~ろ祭り2007へ行ってきました。
毎年行くたびに、なんか会場が狭くて閉塞感を感じてたのですが、今年はわりとゆったり快適でした。実演のために自由スペースを多めにとっていたせいかもしれません。

新作
今回の新作キットはこんな感じでした。

CHOCO先生デザイン グレーテル 原型:宮川武氏
右はグレーテルの持っているハンドガン"ホルニッセ"
_moeroAki2007_gretel_all.jpg_moeroAki2007_gretel_02.jpg


電撃イラスト 鈴平ひろ先生デザイン 根古 京(ネコ ミヤコ) 原型:みすまる☆ましい氏
腰パーツが2種類付くようです。
_moeroAki2007__neyamiyako_long.jpg_moeroAki2007__neyamiyako_back.jpg_moeroAki2007__neyamiyako_book.jpg

_moeroAki2007__neyamiyako_up.jpg_moeroAki2007__neyamiyako_parts.jpg


「水月」大和鈴蘭 原型:葉月かるま氏
服の絵は手書きのようです。
_moeroAki2007__suzuran_long.jpg_moeroAki2007__suzuran_up.jpg


こうたろ先生原画 七瀬桜子 原型:八海氏(83℃)
ギミックが凝ってます。こういうのに弱いです。
_moeroAki2007_sakurakoFront.jpg_moeroAki2007_sakurakoback.jpg

_moeroAki2007_sakurakoSide.jpg_moeroAki2007_sakurakoUp.jpg

_moeroAki2007_sakurakoIllust.jpg


実演(14:00~16:00)
前回の神戸では会議机いくつかを四角く並べて、クレイズの原型師さん4人全員がそこで作業するという形式だったのですが、今回は各人毎に卓が用意されて、そこで作業するという形式でした。各人の作業も決まっており、↓のような内容でした。

みすまる☆ましい氏 -> キット作り
葉月かるま氏 -> 原型制作
八海氏 -> 型作り
宮川武氏 -> 原型制作

一番人が集まっていたのがキット作りのみすまる氏のところで、バリ取り、軸打ち、気泡埋めなどやっていたようです。各段階で何をやっているかの説明をはさんでやっていたので、お客さんもわかりやすかったんじゃないでしょうか。

八海氏のところではあるキットのパーツを、クレオスの枠とほいくねんどで型取り完了するところまで。スカート等のわっか状のパーツの処理の仕方など質問を受けてました。

葉月かるま氏は主にパテで細部の形出しをしていたようです。ロックのクイックパテとセメダインの木パテを両用。作っていたのはらき☆すたキャラ。

宮川氏は、最初から5体ほどの原型が置いてあり、
木パテを撫でつけ -> オーブンに突っ込んで強制乾燥 -> ナイフで削りだし -> ペーパーがけ
のような作業を5体同時進行で行ってました。
_moeroAki2007_miyagawa_genkei.jpg

これが実演終了時の状態。(一応撮影禁止でしたが、宮川氏がいいと言ってたので撮らせてもらいました)
この後、髪・服の作成、両腕の作成、分割と続くんだそうです。ちなみにここまでで1日半。作業時間は一日18時間やることもあり、歩くより原型作る方が楽だとか…。
原型作成実演は(段階にもよりますが)、各原型師さんにより全く違う作業手順を参考にするような見方がいいのかもしれませんですね。

最後はビンゴ大会でしたが、私は何も買っておらず参加出来ないので退場~。前回の神戸同様、必要以上に豪華な賞品だったようです。

twitter
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

こーほく

Author:こーほく
イベントディーラー名は「なかはらワークショップ」です。
リンクフリーです。

月別アーカイブ
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。