スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九段下の駅を降りて坂道を~

寒いー。
kudan.jpg

てなわけでぶらぶらとスーフェス44に行って参りました。といっても基本アメトイ&ソフビ系イベントなので守備範囲が微妙に違うんですが。今回はグッドスマイルも居なかったので、見るモノがあんまり無かったり。

リフライダーとプラスエイトがた○みこむで1,000円で叩き売られておりました。作りすぎたのか、やっぱ売れなかったのか…。

企画でゾンビのケン・フォーリー氏とかプレデターのイアン・ホワイト氏とか、あとSTARWARS関連の俳優さんも何人かサイン会で来てました。近くには行けませんでしたけど。雨で入場者が少なかったせいか、閉会付近はちょっと手持ち無沙汰にしてました。何か勿体無いですねー。

あと、なぜか入り口でホビコン神戸の入場パンフが配布されてたので貰ってきました。サークルカットがNO IMAGEの所が多い…。
でもWHFのパンフよりしっかり作られてる気がしまする。CDリクエストの事も明記してありますな。

帰りにげんき屋で牛丼を食って帰りました。
スポンサーサイト

オークション

コトブキヤの『リトルバスターズ!』等身大フィギュア 棗鈴オークションが気になってます。現在の価格は53万円台ですが、10/4夜の終了までにいくら位になるでしょう~。
5百万円出せば即落札できますが、これはその値段を期待してというよりイタズラ防止の意味合いが強そうですね。

ちょっと気になったのが、「尚、売り上げの一部(総額の5%程度)は、日本ユニセフに寄付をさせていただく予定です。」のくだり。多分日本ユニセフ協会の事だと思うんですが、この団体って募金の募り方に問題あったり会計が不明瞭だったり、コミックやアニメへの過度な表現規制が大好きな関係者が居たりと全くいい印象が無いのですよ。本家(?)UNICEFとは直接関係ないみたいですし。よりによってここに寄付するか?っていう。
それなら黒柳さんが日本の窓口やってる本家UNICEFに持ってった方が、ずっと安心だと思うのですよね~。


あ、シリコン固まるのって、結構時間かかるのね…


改造用にパーツ複製

今日からまるや工房さんの「電動スケートボード娘(略して「でんすけ」)」さんを始めます。
densuke_allparts_20070927.jpg

で、いきなりですが顔と胴体にちょっと手を入れたくなってしまったので、まず改造用パーツの複製から始めようと思います(キットに直接手を入れるのは怖いので)。
複製したいパーツは2個だけなので、紙コップを使用した簡易な方法でシリコンで型をとってキャストで複製しようと思います。おゆまるや型思いを使った、より簡易な方法もあるようなのですが、比較的サイズが大きくディテールも入り組んでいるのでシリコン型でやる事にしました。
(複製や改造に失敗した場合、無かった事になる可能性大(笑))

一通り材料をラジ館とヨドバシで購入してきました。キャストやシリコンは小さいのでも1kg缶とかになっちゃうのね・・・。小さくて安いのを選択したらこういう製品チョイスになりました。
fukusei_kit_20070927.jpg

大荷物になってしまったので購入予定のリボよつばやアリシアさんは今日は見送り・・・。

後片付け

color_seiri_20070926.jpg

ひと段落ついたので、作成中に調合したカラーの整理とかやっています。調合したカラーは、作業中は口広で使いやすいガイアのスペアボトルに入れ、完成した後はタミヤの各瓶に移してしまっとくようにしています。タミヤ各瓶は比較的場所もとらず密閉度も高い方なので保存に向いているんですが、何体分も保存しているのでさすがに場所を取って来ました。
ここ1年くらい、完成後に塗りなおしたり補修したりという作業はしてないので、実は保存の必要も無いんじゃないかと思ってきてたり。何にしても際限なく保存してるとアレなので、保存は最近の3体分までとかルールを決めようかと考えてる今日この頃です。

7巻
風香さんを作ってからよつばと!づいている今日この頃。7巻、結構加筆修正が入ってるみたいですね。主に背景の書き足しとかですが、コマ全体の修正やコマ割の変更・追加ページなんかもあるようです。↓なんかは、風香のTシャツというかコマ全体が変わってますね。
fuka_daioh200711_koma.jpg
電撃大王

fuka_comics07_koma.jpg
コミックス

海洋堂
あ、「性込」のアレは直ったようですね。

完成!

はい、3x3x3さんのよつばとふーか、完成しました!コンテストの仮完成から何週間経っとんじゃって話ですね。
最後の作業として、髪の毛の継ぎ目消しを。前後の髪を接着後、ポリパテで隙間を埋めてならして、プライマー、レッドブラウンの順に吹きました。
yotsubatofuka_comp_16.jpg

完成写真です。まず全体をぐるっと。
yotsubatofuka_comp_01.jpgyotsubatofuka_comp_02.jpgyotsubatofuka_comp_03.jpgyotsubatofuka_comp_04.jpgyotsubatofuka_comp_05.jpgyotsubatofuka_comp_06.jpgyotsubatofuka_comp_07.jpg

アップです。
yotsubatofuka_comp_10.jpgyotsubatofuka_comp_11.jpg

風香さんの太い足とかいろいろ(ぉ
あ、スカートも薄々にしとくべきだったか…。

マフラーは外してリボンと取り替えることが出来ます。
yotsubatofuka_comp_14.jpg

胸のリボンの色は
リボン モンザレッド
ピン外周 スーパーブラック
ピン中央 タミヤエナメル ニュートラルグレー
カラーイラストが見当たらなかったので、海洋堂の夏服風香さんの写真を参考にしました。
マフラーとリボンは付け替えできるように貼ってはがせるのりを使ってます。

今回の撮影環境はこんなです。あいかわらずの電気スタント1灯+レフ板です。グラデーションペーパーはPhotoshopでA3で作って、セブンのネットプリントで100円で出力したやつです。
yotsubatofuka_comp_13.jpg

今回でこのキットは完了しまして、次回は何か別のことをはじめたいと思います。
3x3x3さんでは次回作検討中だそうですが、次回作も組んでしまいそうな予感!

後ろ髪

後ろ髪の整形がだいたい終りました。ここまでで 前回のポリパテ除去 -> 前髪と合う様に後ろ髪を削って調整 -> もう一回前髪・顔パーツとの隙間をポリパテで埋める みたいな事をやっておりました。ついでに前髪をちょっと削りこんだり。
fuka_kao_0921.jpg

明日には完成…するといいなぁ。

こういう作業をしてると、このパーツはこの位置で固定してよかったんだろうかとか、合いが悪い場合に、削って密着させるのか、埋めて密着させるのか、お湯に通して変形させるのか、どっちのパーツに手を入れるのかとか、どのキットでも色々悩みます。あるパーツを合わせたら他のパーツが合わなくなったりとか、一見正しく組みあがった後でも、どっか変に見えてまたやり直したりとか。2パーツならなんとか最適解を出せますが、何パーツも干渉しあうような部分はさながらパズルのごとく悩みます。組み立てに磁石を導入してるのは少しでもその辺を楽したいからってのもあるです。

買い物
エキスパートナイフとフィニッシャーズ塗料の受け取りに、入谷の里美デザインに寄ってきました。通販で利用する人が多いと思いますが、店頭受け取りもOKなのです。店内のスチール棚にいっぱい各社のガレキの箱が並べてあります。今ではなかなか見られない光景です。クルシマやCerberus Project関連に強いようで、キットの他に完成見本も店内にいくつかありました。ガレキも何度か買った事があります。
satomi_0921.jpg

里美でフィニの白サフとマルチプライマーが売り切れてたので、上野のAuto Modeli G.Tにも寄ってきました。里美から歩いて20分くらいの所にあります。もともとカーモデルの店なんですが、フィニッシャーズ製品の元締めでもあるみたいです。
AutoModeliGT_0921.jpg

で、ここでも白サフは無かったのでさらに歩いて、途中の御徒町の本屋で早売りの雑誌を買いつつ秋葉原まで。北澤ビルのコトブキヤにはありました。ホビットがつぶれてから秋葉のフィニ製品の扱い店はここしか無くなってしまったのよな…。(追記 ラジ館6FのVOLKSと7Fのイエサブスケールショップにもありました。なんだ、全然OKじゃん(ぉ)

顔 続き

顔を塗っておりました。なんかこのままだと際限なくやってしまいそうなのでこの辺にしておきます。
あれ、最初の方が良かった…?
fuka_kao_0919.jpg

あと、前髪が見本より上がってるのに気づいたので直します。後ろ髪に隙間埋めのパテを盛った時にズレたのかも。
というわけで、後ろ髪をドボン。ポリパテを削って元に戻して再調整します。ウチではドボンの時もモデレイトを使います。リモネン系のオレンジ臭やツールウォッシュ系の激臭が苦手なのです。
dovon_0919.jpg

電撃大王
daioh_200711.jpg

うおっ上半身増量しました?>風香さん。よつばの子供用潜水服もいいなー。
今月はDOLL master ぱられるが載ってます。

風香さんの目の形

台座への軸打ちが適当だったり、袖のボタンが塗ってなかったり色々手抜き箇所が見つかったので修正してます。あとマフラーと付け替え用の胸リボンもまだ塗ってなかったり。バッグは終りました。
fuka_allparts_0917.jpg

今は顔を描いてますが、風香やよつばは上まぶたの線だけで目の形状を表現するタイプの絵なんですな。他にも、↓はここ一年くらいの風香さんの顔なんですが、白目や睫毛、二重の線があったり無かったりして、結構連載中に絵柄が変わってますね。最近は白目・睫毛は省略される傾向にあるようです。
fuka_face_00.jpgfuka_face_01.jpgfuka_face_02.jpgfuka_face_03.jpgfuka_face_04.jpg

そんな感じなので、目の形状自体はシンプルなんですが今までのキットと要領が違うので、自力でやろうとすると似ないんだコレが。ディーラーさんのブログ内の途中経過の画像を参考にして塗ってます。
kao_nuri_0917.jpg

参考資料としてコミックスも買ってきました。よつばと!は連載開始時から雑誌の方で読んでるんですが、通しで読んでみると、単独で読める話でも実は前の回から微妙に繋がってたり、色々新しい発見がありますね。話の合間に入る一コマ漫画(?)や巻末・カバー裏の書き下ろしもナイス。何度読み返しても飽きないので、「何となく読んじゃう漫画」として常にその辺に置いときたいですね。
yotsubato_comics_0917.jpg

もうちょっとだけ続きます

うーむ、また間を空けてしまった…。
3x3x3さんに、コンテストの件を取り上げていただきました。ありがとうございます。ディーラーさんに完成を喜んでいただけて、それがモチベーションに繋がるようであれば、本当にこちらとしても作ってよかったと思う次第でございます。もし捕捉していただけなかった場合でも、こちらから報告に行くつもりでしたが(笑)

コンテストのせいで風香の塗装工程をすっぱり飛ばしてしまったので、さかのぼって書いてみます。

スカート塗装
fuka_skirt_0915.jpg

以前から、こういう模様の方が濃い場合の塗装についてちょっと悩んでたのです。作業の順序としては
模様の色(暗い)でベタ塗り -> 模様の部分をマスキング -> 模様でない部分の色(明るい)を塗り
でやってたのですが、暗い色の上に明るい色を塗るので、どうしても厚塗りになってたんですな。
で、今回から隠蔽力が強いと評判のフィニッシャーズのカラーを明るい方の色に混ぜてみたんですが、これが今まで悩んでいたのがアホ臭くなるような素晴しい隠ぺい力。今までは何回か重ね塗りしないといけなかったのが、サッと吹いただけで下地の影響を受けず綺麗に発色してくれました。模様との塗膜の段差も皆無。今後もコレでいきたいと思います。

スカートの模様は、五本線の繰り返しで、2~4本目がちょっと太いです。縦線はヒダ1個につき線五本、横線は、5本終わったら次の5本まで大きめに間隔を取ります。私は間違えて縦線を全部同じ太さにしてしまいましたが…。
マスキングには、細線にはAIZUの0.4mmテープ、太線には0.7mmを使ってます。夏服のスカートはまたちょっと違うみたいです。

スカートの色は
明るい部分 フィニッシャーズファウンデーションホワイト + ミディアムブルー + ニュートラルグレー 3:2:1
暗い部分(模様) ミディアムブルー + 明灰白色(三菱系) 1:1

ボタン
ボタンのマスキングには、皮ポンチを使ってます。1mm~4mmまで0.5mm刻みで揃えてあるので、毎回適当なサイズのを使用しています。マスキングテープにポンチをぐりぐり押し付けて丸型にくりぬいて、ボタンにかぶせるようにして貼り付けます。↓はよつばの時の例ですが、風香も同様にやっています。
ponchi_0915.jpg


ディテールアップ
風香もよつばの時と同じような感じで、上着の前部分、裾、袖、カーディガンの裾を削って薄くしてあります。
fuka_dtailup.jpg



その他、風香の各部の使用色など。
髪 レッドブラウン
肌 ガイアノーツ サフレスフレッシュ ピンク + サフレスフレッシュ オレンジ 9:1

上着、手袋、ソックス タイヤブラック
上記の影 カウリング色
上着のボタン スーパーブラック

カーディガン レドーム + イエロー + ガイア Ex-ホワイト 比率忘れました
カーディガンのボタン ウッドブラウン

マフラー マルーン + ガルグレー + 灰色9号 1:1:1
マフラーの影 マルーン + ガルグレー 1:1

ブラウス、ショーツ キャラクターホワイト

バッグ 明灰白色(三菱系) + 灰色9号 1:1
バッグの持ち手など暗い部分 ニュートラルグレー + 明灰白色(三菱系) + ミディアムブルー 4:4:1
アクセサリー(ピンク) ガイアノーツ ブリリアントピンク + Ex-ホワイト 1:1
アクセサリー(緑) ガイアノーツ エメラルドグリーン + Ex-ホワイト 1:1

靴 メモるの忘れました・・・確か艦底色ベースだったと思います。

カーディガン前面のラインのスミイレ タミヤエナメル フラットブラック + レッドブラウン 1:1
目・口のライン タミヤエナメル ブラック + レッドブラウン 1:1
瞳の茶色い部分 タミヤエナメル レッドブラウン
瞳のハイライト タミヤエナメル ホワイト

ガイアのフラットクリアーを服部分には3回くらい重ねて、肌部分には軽く吹いてます。ボタンは光沢なのでこの後に塗ってます。

・・・まとめて書きすぎですな。個人的に後から調色する時用に書きとめてるような感じなので、一通り書くようにしております。

で、ここまでの塗装が終りまして、これがコンテスト出品時の状態です。
yotsuba_fuka_kohoku_0911_00.jpg

台座にはアサヒペンのスプレーニス(マホガニー)を吹いてあります。

その後
その後、顔とバッグををやり直してます。顔は足より肌色が少し薄かったのと、線がちょっと太い気が。バッグは塗装が雑だったのと、持ち手を瞬着で留めたたけだったので、ちゃんとやり直します。
fuka_bag_0915.jpg


WHF横浜DASH2 コンテスト他

WHF横浜DASH2に行ってきました。今回もコンテストのみでディーラーさんのブースは撮ってませんので、そちらを見たい方はとあるひのコタツガさん(お世話になります)の右側のリンク集から辿って下さい。

当日は昼過ぎまでコンテスト作品を組んでいたので、会場に着いたのは午後2時前でした(笑)。すでに一般の参加者はかなり少なくなってたんですが、そのおかげでディーラーさんのブースをじっくり見て回れました。既に撤収されてたディーラーさんもいましたが…。

ワールドホビーコンテスト(WHC)
今回は16作品のエントリーがありました。横浜DASHは他会場よりもエントリーが少なめですかね。今回から申込用紙をいっしょに掲載するようにしました。製作者氏名は本名らしき名前を記入している方がいましたので、私以外は全員消してあります。
では、入賞作品、そのほかの作品の順に掲載していきます。今回順位をメモるのを忘れて記憶で書いていますので、もし間違えていたらすいませんが指摘お願いします。

第1位 エントリーNO.12 ケーニッヒ クレーテ
Dash2_12_01.jpgDash2_12_02.jpgDash2_12_Sheet.jpg

調べてわかりましたが、マシーネンクリーガーのメカなのですね。鉄っぽい質感がたまりません。

第2位 エントリーNO.17 よつばとふーか
Dash2_17.jpgDash2_17_Sheet.jpg

私の作品です。投票してくださった皆さん、見てくださった皆さんありがとうございます。3x3x3さんのキットを作成しました。会場で見ると塗りの印象が変わりますね。肌色の濃さとか表情はもうちょっと改善できそうです。

第3位 エントリーNO.1 水銀灯
Dash2_01.jpgDash2_01_Sheet.jpg

目に工夫をされているのですが、配置の関係で、それがわかるアングルでは撮れませんでした。会場では手前の鏡で正面から見れる様になってました。

第4位 エントリーNO.10 ジョジョ四部つめあわせ
Dash2_10_01.jpgDash2_10_02.jpgDash2_10_Sheet.jpg

バトルしてるのがクレイジー・ダイヤモンド(左)とキラークイーン(右)、下の小さいのがシアーハートアタック、それと東方仗助の胸像のようです。仗助、似てますね。

第5位 エントリーNO.9 Sidh's(シーズ)
Dash2_09.jpgDash2_09_Sheet.jpg

この日ディーラー参加されていたarte tokioさんの作品で、こちらで開発したシリコーン製シームレス・ドールを使用したヴィネットだそうです。サイズが大きいせいもあり、すごい存在感です。

以下、そのほかの作品です。
エントリーNO.2 セーラーサターン
Dash2_02.jpgDash2_02_Sheet.jpg

エントリーNO.3 プロジェクトΖ
Dash2_03.jpgDash2_03_Sheet.jpg

エントリーNO.4 CYBORG ORGA
Dash2_04.jpgDash2_04_Sheet.jpg

エントリーNO.5 GIGANTIC ARMS-ASTRAY
Dash2_05.jpgDash2_05_Sheet.jpg

エントリーNO.6 ランスロット用起動キー
Dash2_06.jpgDash2_06_Sheet.jpg

エントリーNO.7 惣流アスカラングレー
Dash2_07.jpgDash2_07_Sheet.jpg

デジカメのせいで赤が濁ってますが、実物はもっと綺麗に発色していました。私はこちらに投票。

エントリーNO.8 ?
Dash2_08.jpg

すみません。用紙を撮影するのを忘れました。確かフルスクラッチの作品さんだったと思います。

エントリーNO.11 小野田 優良 II
Dash2_11.jpgDash2_11_Sheet.jpg

エントリーNO.13 ?
Dash2_13.jpg

すみません。用紙を撮影するのを忘れました。NO.14と同じ方の作品で、アクションフィギュアだそうです。

エントリーNO.14 ベルウィックサーガ フェイ
Dash2_14.jpgDash2_14_Sheet.jpg

エントリーNO.15 ルイズ
Dash2_15.jpgDash2_15_Sheet.jpg


エントリーNO.16は欠番でした。多分前回同様、プレートが無いため。

今回は上位入賞者へのインタビュー(会場全体に流れる)はありませんでした。助かった...orz

賞品など
参加賞は、前回までは筆と綿棒のセットでしたが、今回はお菓子でした。筆は使い切れずにだんだんたまっていくので、個人的にはこういう消えモノの方が嬉しいですね。
sankasho_hako_Dash2.jpgsankasho_nakami_Dash2.jpg


上位入賞者への賞品は、ガイアノーツのマシーネンクリーガー用ペインテイングセット、ニュートラルグレーグラデーションセットでした。塗料は何色あっても困らないので、嬉しい賞品です。ちょっとグレー系に偏りすぎな気もしますが。
joui_shohin_juice_Dash2.jpg


その他
入場時にアンケート用紙を貰ったので、一通り記入して提出しました。反映されるといいなぁ。提出時に↑の写真のジュースが貰えました。
annkeitoYoushi_Dash2.jpg


あと、今回は「WHFギャラリー」の参加者は無かったようです。キットを組んで持ってくると、展示スペースに飾って貰えて、該当ディーラーさんにコメントをいただけるというステキ企画だったのですが。まあ前回の参加者は私だけでしたが(笑)。

[2007.09.12追記]
作品へのコメント、賞品、その他の内容など。


近況

WHF_shohin_0909.jpg

横浜・神戸イベント参加者の皆様、お疲れ様でした。作成中の「よつばとふーか」はWHF横浜DASH2のコンテストに出す予定だったのですが、時間的に厳しくなってきたので、blogの方は休ませてもらいました。当日の昼ごろなんとか形になったので、出品しました。結果は、おかげさまでなんと2位に入賞しました。一部(風香のバッグとか)突貫で作業したので仕上がりとしては結構アラが多かったのですが、原型の良さに助けられました。

前回同様、私(No.17)への投票用紙を貰ってきまして、こんな感想をいただきました。ありがたい事です。この他に感想未記入の投票が10枚ほどあったようです。

ちなみに展示はこんな感じにしてました。運搬用の箱を台に使い、横に元絵が表紙の電撃大王2月号を置いてます。
WHF_tenji_0909.jpg

よつばとふーかはもう少し続けたいと思います。会場に置いてみたら色々アラが見えてきたので、何箇所かやり直す予定です。

仮組

スカートは3パーツに分かれてるので、形状を微調整中~。適当にやるとこの後胴パーツにはまらないのです。
skirt_fuka_0906.jpg

バッグを抱えた状態で腕を固定するために調整中。腕の付け根にポリパテを少し入れました。
body_fuka_0906.jpg

胴パーツに下半身パーツを装着中~。スカート(3パーツ)、右足、左足、パンツの6パーツが上着の裾の中に入るのですが、パーツが干渉しがちなのでなかなか位置調整がシビアです。
body2_fuka_0906.jpg

頭部パーツの調整、軸打ちや磁石埋めをやりつつ、仮組完了。分割が多めな分、パーツのすり合わせが結構大変でした。
karikumi_fuka_0906.jpg

風香 表面処理01

風香、気泡埋めとパーティングライン消しが一通り終りました。
髪の先端に欠損が結構あったので、アルテコを盛って成型しましたが、原型より全体的に短くなってるかも…
fuka_allparts_0904.jpg

アルテコ劣化
最近、アルテコの硬化が遅くなって来ました。HG液の劣化が始まってる模様です。HG液の代わりにシアノンを使ったときは大丈夫なので、粉の方はまだ大丈夫そうです。と言いつつ粉も購入してから大分たつので、レンジで1000W、30秒ほど加熱して水分を飛ばしました。HG液を復活させる方法って無いですかね。無いか。

飲みきったマルチビタミンの容器に乾燥剤(写真右)が入ってたので、アルテコ粉の中に突っ込んどこうと思います。少しは効果あるかな?
aruteko_kansozai.jpg

ヱヴァ新劇場版:序 見てきました。

EVA_Program.jpg

川崎109シネマズで見てきました。なんか今日は映画サービスデイとかで、1,000円で見られました。初日という事もあって、今日一日はずっと満席だったようです。年齢層は20~40代くらいが多く、男女比は7:3位で思ったより女性が多い印象。私は満席になる間際でチケットを買ったので前の横の方の席になってしまい、少し首が痛くなりました。
内容はTV版6話のヤシマ作戦までで、基本的なストーリーの変更は無かったものの、新しいシーンの挿入や追加カットは結構ありました。特に使途が結構絵的にパワーアップしていて、こんな奴居たっけ?くらいの勢いで進化してるヤツも(笑)。あと、駅張りの宣伝ポスターに無数のディーゼル機関車で埋め尽くされてるだけの物があって、それだけ見ると意味不明なんですが、映画を見たら意味がわかりました。
エヴァをちゃんと見るのは前回のTHE END OF~から10年ぶりってのもあるんですが、基本TV版がベースだとは言いつつ、上映中はずっと釘付けでした。特に最後のスタッフロール前後は色々とありました。場内が明るくなるまでは席を立ってはいけません。次回の「破」からは大分ストーリーも変更が入るようですね。
あーもっとちゃんとした席で見たくなりました。平日のレイトショーでもう一回見に行こうかな。

よつば完成

靴がなんか赤すぎたので、その後塗りなおしました。今回の使用色は
靴 ガイアEx-ホワイト + エヴァカラーアスカオレンジイエロー + マルーン 3:2:1
手袋 艦底色 + ブラウン + ガイア Ex-ホワイト + マルーン 5:10:3:2
求める色になるまで色々混ぜまくってたら比率が凄い事に…。

最後の仕上げ、マフラーの継ぎ目を消すの図。
マフラーはパーツを前後から襟にくわえ込ませる形状なので、本体塗装後に接着して継ぎ目を消す必要があります。
今回は、本体が汚れないようコンビニの袋を切り取って内側の本体へ巻き付けて、マフラーの前後パーツの接合部をポリパテで埋めた後、また塗りなおしてます。
mafura_atohame_00.jpgmafura_atohame_01.jpgmafura_atohame_02.jpg


で、よつば、完成しました。前、横、後ろ~。
yotsuba_kansei_shomen.jpgyotsuba_kansei_yoko00.jpgyotsuba_kansei_ushiro.jpg


風香
平行して洗浄や大まかなバリ取りを進めてました。今日から引き続き表面処理をやります。
fuka_parts_0901.jpg


twitter
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

こーほく

Author:こーほく
イベントディーラー名は「なかはらワークショップ」です。
リンクフリーです。

月別アーカイブ
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。